1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

U-24日本代表は覚醒した田川に期待したい/六川亨の日本サッカーの歩み

超ワールドサッカー / 2021年3月23日 11時30分

写真:©︎J.LEAGUE

いよいよ今日からサムライブルーとU-24日本代表のキャンプがスタートした。

といったところで、堂安律は脳しんとうで代表を辞退し、週末のJリーグでも日本代表初選出の原川力(鳥栖)と坂元達裕(C大阪)が負傷のため辞退を余儀なくされたのは残念だった。

そして、さらに残念だったのが、今シーズンは第2節の広島戦で2ゴールを決めると、その後は4試合連続得点で得点ランクのトップに立つ前田大然(横浜FM)が、17日の徳島戦で負傷し65分に交代したことだ。

19日のU-24日本代表のメンバー発表の際に横内昭展監督は、前田を招集しない理由について「今朝の段階でいろいろな情報を集めて判断している。それ以上は個人のことになるのでケガかどうかも含めノーコメント」と明言を避けたが、その後精密検査の結果、左外閉鎖筋肉離れおよび両側腸腰筋肉離れで全治 2~3週間と発表された。

昨シーズンの前田は23試合に出場したものの3得点にとどまっていた。それが今シーズンはすでに6ゴール。このままいけばJ2水戸時代の二桁得点(13ゴール)の更新は間違いない。

ストライカーとして覚醒している最中だけに、U-24アルゼンチン代表との試合も楽しみにしていただけに残念でならない。

というのも、今回招集された田川亨介(FC東京)も今シーズンはストライカーとして覚醒しつつあるからだ。昨シーズンはケガなどもあり21試合出場で2ゴールと不完全燃焼だった。

それが今シーズンはすでに3ゴール。しかも、その3得点とも0-1のビハインドから1-1のタイスコアに戻して逆転勝利につなげる貴重なゴールだ。

21日の仙台戦は森重真人とのパス交換からドリブルで突進し、強烈な左足ミドルを右ポストぎりぎりにたたき込んだ。

スピードがあり、フィジカルコンタクトに強く、さらに豊富な走力でプレスバックから守備でも貢献する。そんな田川と前田の2トップなら、いやが上にも期待は高まる。さらに右MFに久保建英(ヘタフェ)、左MFに三笘薫(川崎F)を配置する4-4-2ならどんなサッカーを演じるのか、ワクワク感が高まるのは間違いない。

そんな好調を維持している2人にはある共通項があった。

前田は自身の好調について「勝手に体が動くのは乗っているから。楽しくサッカーがやれている」と話していた。田川は仙台戦でのゴールについて「ドリブルで自分で運んでいって(左足を)振り切ろうと考えて、あとはフカさないようインパクトの瞬間に力を入れた。あまり足に当たった感覚がなくて、まれに見るいいシュートだった」と振り返った。

2人とも、いわゆる『ゾーンに入っている』状態だったのだろう。

田川が「足に当たった感覚がない」のは、スイートスポットでボールの芯をミートしたからで、そう何度も蹴れるシュートではない。

昨年末のU-24日本代表のキャンプには前田と上田綺世(鹿島)、浅野雄也(広島)が招集され、田川はメンバー外だった。

今回のアルゼンチン戦は、田川にとって東京五輪への試金石になる。ここで結果を残せば7月の試合に再度呼ばれるだろうし、メンバー入りにも大きく近づくはずだ。前田は負傷が癒えたらJリーグで結果を残すことが生き残りへの条件になる。そして負傷で出遅れていた上田も、21日の名古屋戦では途中出場からドリブル突破で「違い」を見せた。

この3人が高いレベルで競い合えば、東京五輪でFW陣にオーバーエイジを使う必要はなくなるかもしれない。それでも五輪は18名という人数制限から、FWの登録枠は2人になるケースが多い。誰か1人はバックアップに回るというシビアな戦いだ。

それでも田川と前田の覚醒は、U-24日本代表はもちろんサムライブルーにとっても好材料なのは間違いない。


【文・六川亨】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング