1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「1-0で負けてしまったことが全て」失点シーンを語るDF板倉滉「しっかりやらないといけないなと思わされた」

超ワールドサッカー / 2021年3月27日 0時12分

写真:Getty Images

U-24日本代表は26日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と東京スタジアムで戦い、0-1でアルゼンチンが勝利した。

東京オリンピックにも出場するアルゼンチンを迎えての一戦。前半にMFマティアス・バルガスがボックス内右を仕掛けてクロスを上げると、最後はFWアドルフォ・ガイチがヘディングで合わせて先制ゴールを決めた。

日本は何度かアルゼンチンゴールに迫るも、試合巧者ぶりを見せたアルゼンチンが勝利を収めている。

試合後、オンライン会見に臨んだDF板倉滉(フローニンヘン)は試合を振り返り「絶対勝ちたかったですし、オリンピックで金メダルを狙っている中で、結果が全て」と勝てなかったことに悔しさをあらわに。「あの1本でやられて、こっちのペースになったところもありましたが決め切れず、1-0で負けてしまったことが全てです」と語り、負けたことが全てだとした。

守備の部分については「ボールは前半から持てていたと言うよりは、持たされていたという感じです」と相手の守備を崩せなかったとかたり、「2列目に良い選手も多いので、そこに上手く自分たちがパスを受けて行きたかったんですが、右から左、左から右と上手くボールを運べなかったので、そこを試合中に声掛けながら修正して入れて行きたかったです」とあまり修正が効かなかったとし、「前半はもっと積極的に狙っていけばよかったとと思います」と大胆さにも欠けていたと分析した。

後半は前半よりは攻撃がスムーズに行く場面もあったが「まずは後ろがあまり重くなり過ぎないようにとハーフタイムに話していました」とラインを上げたとコメント。「守備はしっかり前からラインを上げてコンパクトにして、潰しに行こうということで、そこが少しハマって高い位置でボールを回すことができました」と語り、守備が良くなったことでビルドアップも改善されたとしたが、「そこから良いパスを2列目に出してあげれば、そこでアクションが起こせるので、次の試合に向けた課題かなと思います」と、やはり効果的なパスを供給できなかったことを反省した。

左サイドバックには旗手怜央(川崎フロンターレ)が入り、その前には三笘薫(川崎フロンターレ)が入っていたが、左サイドについては「薫も仕掛けるのが得意ですし、怜央もボールを持てる選手なので、そこは意識してパスを供給していました」と効果的に使おうとしていたとコメント。「次も狙えるところは縦パスをつけて仕掛けられるように後ろから作りたいと思いますし、相手の状況を見ながらロングボールが必要な時もあるので、遠くを見ながら良いパスを供給したいと思います」とし、手前ばかりを気にしないようにしたいと課題を語った。

スコアは0-1と最少得点差だが、「やれたところはあると思いますし、自分たちももっとチャンスを作れたのかなという部分もあるので、そういう意味では次の試合で絶対勝てると思っています」とし、29日の試合では勝てるとコメント。「こういう拮抗した試合で、一対一のところとか、そういうところでアルゼンチンに溢れた部分が多かったので、そこはもう一度気を引き締めて球際を強くとか、基本的なところで負けないようにしたいと思います」とし、基本的なところから見直したいと語った。

また、「あそこで負けていたら、オリンピックでも勝てないと思いますし、戦うところは戦う。そこはもっと意識してやっていかないとなと思います」と課題も手にしたようだ。

板倉は失点シーンで相手にクロスを上げさせてしまった。その前にも裏を取られる場面があったが「1枚ターゲッター(アドルフォ・ガイチ)がいる中で、2列目から飛び出して来ていたので、すごくタイミングも良かったですし、右サイドバックからのボールも凄く良かったので、そこでちょっと前半最初は苦戦しました」と語り、狙われていたと感じていたようだ。

また「あそこは前線からプレスをする中で、後ろがもう少しコンパクトにすればオフサイドが取れたシーンだと思いますし、タイミングが良い相手だとしっかりついていかないといけないので、しっかりついていった上で一対一で勝つとか、マンツーマンでマークをつくとか、今日はしっかりやらないといけないなと思わされた試合でした」とし、相手に上回られたと語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング