1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「巧さは感じた」とアルゼンチンを語るMF三好康児、2戦目に向けては「相手のウィークポイントを見つけることが大事」

超ワールドサッカー / 2021年3月28日 18時5分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

U-24日本代表は28日、翌29日に北九州スタジアムで行われるSAISON CARD CUP 2021のU-24アルゼンチン代表戦に向けて前日練習に臨んだ。

26日に行われたU-24アルゼンチン代表戦では、前半にFWアドルフォ・ガイチがヘディングで合わせて先制。後半に日本が盛り返すシーンもあったが、アルゼンチンにうまく試合を運ばれ、0-1で敗戦を喫した。

中2日で移動を伴う連戦となり、東京オリンピックを想定したスケジュールで試合を行なっているU-24日本代表。トレーニング前に選手たちがオンライン取材に応じた。

26日の1戦目では87分までプレーしたMF三好康児(アントワープ)が取材に応対。改めてこの活動での競争については「A代表でも競争は常にありましたけど、今回オリンピック代表で久々に集まれて、メンバーでも新たな選手がいたりJリーグや海外リーグでアピールして集まっているので、より競争は激しくなっていると感じます」とコメント。「ここに呼ばれていない選手も可能性を内に秘めていると思いますし、そこをチームの力に変えられたらと思います」とし、チームとしてベースが上がっているイメージがあると明かした。

その三好だが、2021年に入ってからは新型コロナウイルスに感染したこと、さらに監督が交代したこともあり出場機会を失っている。現状については「2021年に入ってから監督も変わったこともあって、出場機会がないのが現状」とコメント。「できる準備は常にしていて、個人のコンディションは良いと思っているので不安はないです」と語った。

また「それぞれチームで主力として戦って自信を持ってきていると思います」としながらも、「ただクラブと代表は違っていると思って、代表で結果を出すというのはもう1つ違うものがあると思っています」とチームでレギュラーであることとは関係ないとコメント。「そこで自分は違いが見せられればと思いますし、チームでなかなか出場機会を得られていないというところは鬱憤を晴らすぐらいの気持ちで来ている」とし、逆に出場機会がないことを力に変えたいとした。

さらに「日本代表でも成長することでそのままチームでアピールすることにもつながると思います」とし、「数カ月あれば状況は常に変わり続けると思うので、自分の準備を続けるだけです」とし、ここでアピールし、本大会までも成長を続けたいと語った。

久々に南米勢と対戦した感想については「南米の選手や海外でやっている選手の特徴、時間の使い方、体の使い方、Jリーグも南米の選手はいますが、チームとしてやって来た時は巧さや強さもあります」とコメント。「それを代表チーム全体で感じることは大事です」とし、南米チームと対峙することが大事だとした。

また「早めに先制点を取られた後に、自分たちがボールを持っていても相手が体を張ってきたり、余裕を持って時間を使ったりする巧さは感じました」とし、「それは個々人が感じて、ゲームに生かさないとチームとしてうまくいかないので、その経験は大きかったと思います」と、1試合戦って感じたことを明日の試合で生かしたいと語った。

2戦目に向けてチームとして工夫すべき点については「大前提として個人の球際、一対一で勝つのはそれぞれが伸ばさないといけない部分ですし、普段から意識していると思います」とやはり球際の勝負を挙げ、「チームとして戦う上で、ボールを動かして組織力で戦っていくことは日本の特徴です」と組織力を攻撃では出したいとした。

「だからこそ相手の特徴ややり方をチームとして掴んで、どうやってくるかを共有することで攻撃でも守備でも相手のウィークポイントを見つけることが大事なので、そこの考え方は僕を含めてみんなが身につけないといけないと思います」とし、個人がしっかりと能力をつけた上でチームになる必要があると語った。

これまでは[3-4-2-1]で戦っていた東京オリンピック世代だが、アルゼンチン戦は昨年末の合宿から続けて[4-2-3-1]で臨んだ。その点については「システムに関していえば、そこは監督が決めることなので、自分たちは意見やどういったものが良いかは思ったら言うようにしますが、そこはあまり重要ではないです」とコメント。それでも「2列目の選手に関していえばプレーの人数が増えるのと攻撃で厚みが出るかなと思います」と[4-2-3-1]の方がプラスに働くとの感触があるようだ。

「ただ、3バックでも4バックでもどちらでも行けるのは自分たちの強みだと思います」と2つのシステムを使えることはプラスだとし、「コンパクトにしてくるチームなら広げたほうがやりやすくもなると思うので、強みになると思います」と3バックも効果を出すときはあるとし、「複数のポジションできる選手がいるので、特に連戦で人数少ない中でやっていくことは本番では重要になってくると思います」と、臨機応変に対応できる状況が望ましいとの見解を述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング