1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

【J1注目プレビュー|第7節:横浜FMvs湘南】対照的な両者による“神奈川ダービー”、軍配はどちらに?

超ワールドサッカー / 2021年4月3日 8時20分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第7節】
2021年4月3日(土)
13:00キックオフ
横浜F・マリノス(10pt/8位) vs 湘南ベルマーレ(4pt/16位)
[日産スタジアム]

ここまでの成績は対照的な両者、“神奈川ダービー”を制するのは!?

◆離脱者続出も4連勝へ【横浜F・マリノス】

開幕戦で川崎フロンターレに完敗し、不安なシーズンスタートとなった横浜FM。しかし、その後は復調し、現在はリーグ戦3連勝と調子を取り戻している。

その一方で、好調を維持していたFW前田大然が負傷離脱。DFティーラトンも離脱している他、20日には選手2名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた状況。多くの選手が離脱している。

それでも、開幕から欠場していた頼れるキャプテンMF喜田拓也が復帰。その他、カバーできる選手たちも揃っており、チーム力が改めて試される機会となった。

リーグ戦は前節がガンバ大阪の活動停止に伴い中止となっており、3月17日以来と久々の状況。しっかりと戦い、リーグ戦4連勝で上位に浮上したい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:岩田智輝、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、小池龍太
MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏
FW:水沼宏太、オナイウ阿道、エウベル
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆守備陣の顔ぶれは?【湘南ベルマーレ】

今シーズンも開幕から3連敗、6試合を終えて1勝1分け4敗と結果がついてこない湘南。内容の良さが勝ち点に繋がらないというジレンマは今シーズンも続いてしまっている。

シーズンが始まっても特にディフェンスラインが固定できず、まだまだ手探り状態。それでも、前節のセレッソ大阪戦は0-0と粘りを見せて初のクリーンシートを達成すると、直近のYBCルヴァンカップの横浜FC戦も1-0で勝利と、やっと結果に繋がり始めている。

U-24日本代表で先発デビューを果たしたGK谷晃生を中心に、今節もしっかりとした守備を構築できるかがポイント。破壊力のある横浜FM相手に緩みが出れば、大敗もあり得る状況だ。

ベテラン、そして若手とどちらが顔を並べるのか気になる最終ライン。さらに、まだまだ結果が出ていない攻撃陣がしっかりと守備陣の奮闘に応えるゴールを奪えるのかに注目だ。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:谷晃生
DF:大岩一貴、石原広教、田中聡
MF:岡本拓也、三幸秀稔、高橋諒
MF:名古新太郎、山田直輝
FW:町野修斗、大橋祐紀
監督:浮嶋敏

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング