1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

チェルシー戦に挑むポルト指揮官、相手の直前の大敗に「勝っていて欲しかった」

超ワールドサッカー / 2021年4月7日 15時15分

写真:Getty Images

ポルトのセルジオ・コンセイソン監督が、7日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)のチェルシー戦に向けて野心を燃やしている。

ラウンド16ではイタリアの絶対王者ユベントスを見事に下したポルト。2シーズンぶりのベスト8進出となったが、これより先は優勝した2003-04シーズンを最後に進めていない。

このラウンドまで来ると、対戦相手はポルトにとって格上ばかりとなるが、セルジオ・コンセイソン監督はチェルシーも強敵としながらも、ユベントスとは異なるタイプであると強調。ユベントス戦のようにポゼッションは許しても、クオリティの高い試合を披露できると自信を覗かせている。

「ユベントスとチェルシーでは、そのダイナミクスや攻守のプロセス、戦術といった面で多くの異なる点がある。2つのチームの価値を比較することができる。彼らは互いに世界のベストクラブで、最高レベルの選手たちを擁している。説明が必要ない程のね」

「難しいタスクになることは理解しているが準備は万端だ。歴史あるクラブの一員として、彼らのような資金力もない中で、チームのスピリットとクオリティのために戦う。ユベントス戦はボールをあまり持たずとも、戦術的に素晴らしい試合だった」

「結局は11人と11人の戦いだ。ピッチ上の選手を見た時、誰もポルトが総額2500万ユーロ、チェルシーが2億5000万ユーロと思わないはずだ。エヴァニウソンが800万ユーロ、カイ・ハヴァーツが8000万ユーロなんて比較はしないだろう。サッカーにおいて不可能なことは何もないのだ」

指揮官はまた、チェルシーがポルト戦前最後の試合で格下のWBAに2-5の大敗を喫したことにも言及。公式戦15試合無敗の勢いを止める一戦となったが、ポルトガル人監督は「勝っていて欲しかった」とコメントしている。

「チアゴ・シウバが退場してしまって状況が変わったことは誰もがわかっている。チェルシーはこの試合まで非常に優秀で、チャンピオンズリーグでは負けなし、プレミアリーグも含めると2番目に負けが少ないチームだ」

「私の意見では、彼らには最後の試合(WBA戦)で勝って欲しかった。負けたことで警報になってしまうからね。これにより、さらに注意深くなってしまった。私はこのような敗北はあまり望んでいないのだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング