1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「壮大なパス」レアルの先制点を演出したクロースの“50mピンポイント”ロングパスに絶賛「防御不可能」

超ワールドサッカー / 2021年4月7日 19時44分

写真:Getty Images

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースに称賛の声が集まっている。

マドリーは6日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでホームにリバプールを迎えた。

試合は27分にFWヴィニシウス・ジュニオールが先制ゴールを奪うと、36分にマルコ・アセンシオが追加点。リバプールは51分にモハメド・サラーにゴールが生まれるが、ヴィニシウスが追加点を奪い、3-1でマドリーが勝利していた。

この試合の27分、自陣中央右でフリーとなったクロースが狙いすましたロングフィードを供給。これが、相手DFナサニエル・フィリップスとトレント・アレクサンダー=アーノルドの間に飛び出したヴィニシウスに通ると、ヴィニシウスは胸トラップからうまくスピードに乗ってボックス内に持ち込んで同胞GKアリソンとの一対一を制した。

フリーとはいえ、およそ50m近くある距離のフィードを完璧な位置に送ったクロースこのシーンは、イギリス『SPORTBIBLE』が「防御不可能なパスで壮大なアシスト」と伝えたほか、イギリス『GIVE ME SPORT』も「それはクロースの壮大なパスから、ヴィニシウスのタッチとフィニッシュもどうですか!?」と興奮気味に伝えていた。

このアシスト以外にも、高精度のロングパスを武器に試合を支配したクロース。ゴールを決めたヴィニシウスも「トニ(・クロース)は素晴らしい選手だ。彼がピッチに立つ時はいつだって気品にあふれ、誰も彼のようなプレーはできない。パスをくれた彼に感謝し、得点できてとても嬉しい」と感謝の言葉を述べている。

【動画】”精密機械”クロースの“50mピンポイント”ロングパス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング