1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

試合巧者チェルシーがセビージャ開催の第1ラウンドに先勝! 善戦ポルトに劣勢もマウント&チルウェル弾で2つのAG奪取《CL》

超ワールドサッカー / 2021年4月8日 6時1分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、ポルトvsチェルシーが7日にサンチェス・ピスフアンで行われ、アウェイのチェルシーが0-2で先勝した。
 
ポルトはラウンド16でイタリアの絶対王者ユベントスと対戦。ホームでの1stレグを2-1で先勝すると、延長戦までもつれ込んだ2ndレグを2-3で落とすもアウェイゴール数の差で上回り、見事な番狂わせを起こした。連覇を狙う国内リーグでは首位のスポルティング・リスボンに8ポイント差を付けられての2位に甘んじているが、ユベントス戦以降は3連勝中と復調傾向を示す。今回の初戦に向けてはタレミ、セルジオ・オリベイラという主力2選手をサスペンションで欠く中、グルイッチ、ルイス・ディアスが代役を担った。
 
対するチェルシーはラ・リーガで首位を走るアトレティコ・マドリー相手に戦前は苦戦が予想されるも、1stレグを1-0、2ndレグを2-0とスコア以上の内容で圧倒し、連勝でベスト8進出を果たした。ただ、4日前に行われた直近のプレミアリーグでは降格圏に沈む格下WBA相手に8戦ぶりの失点を含む、屈辱の5失点を喫してトゥヘル新体制15試合目にして初黒星。トップ4圏外の5位に転落した状況で今回の一戦に臨むことになった。
 
トゥヘル監督はそのWBA戦から先発5人を変更。チアゴ・シウバ、ズマに代わってクリステンセン、リュディガーが最終ラインに入ったほか、マルコス・アロンソに代えてチルウェルを左ウイングバックに置き、前線はヴェルナーの相棒にツィエク、プリシッチではなくハヴァーツ、マウントを起用した。
 
両国間の新型コロナウイルスの感染防止対策、渡航制限の影響によって両レグ共に中立地セビージャでの開催となった両者の対戦。ポルトのホーム扱いとなったこの初戦は戦前の予想通り、アウェイのチェルシーがボールの主導権を握る形に落ち着く。
 
睨み合いの状況がしばらく続いた中、10分過ぎにはうまく相手を引っくり返して押し込むポルトが、ヘスス・コロナの抜け出しやマレガの強引な仕掛けでフィニッシュの形を創出。12分にはボックス手前のウリベが右足のボレーシュートを狙うが、これはわずかに枠を外れた。
 
早い時間帯のゴールとはならなかったものの、序盤の主導権争いを制したポルトは組織的且つ強度の高い守備でチェルシーに自由を与えず、パス回しや攻撃のリズムを出させない。そして、奪ったボールを縦に速い攻撃に繋げていく。流れの中では決定機まであと一歩も、オタビオが直接ゴールに向かう左CKで際どい場面を創出した。
 
アウェイゲームと考えれば、そこまで悪い状況ではないものの窮屈なプレーを強いられたチェルシーだったが、マウントの見事な個人技でこの試合最初の決定機を見事にモノにする。32分、相手を完全に押し込んだ攻めからボックス手前右でジョルジーニョのパスを足元に受けたマウントが不用意にボールに食いついたDFサヌシを足裏を使った巧みなターンで振り切ると、相手DFが寄せる前の早いタイミングで右足を振り抜く。これがゴール左隅のコースに決まった。
 
一瞬の隙を突かれてアウェイゴールを奪われたポルトはすぐさま反撃を開始。前半終盤にかけて再び押し込む形を作り出す。42分にはボックス内でコロナがシュートを放てば、このプレーで得た右CKからペペが強烈なヘディングシュートを枠の右隅に飛ばすが、これはGKメンディの好守に遭う。さらに、前半ラストプレーではグルイッチが再びオタビオの右CKを頭で合わせるが、これもメンディの守備範囲となった。
 
前半シュート1本でまんまとアウェイゴールを奪う効率の良い戦いを見せたチェルシーだが、後半は早い時間帯に決定機を作り出す。47分、ボックス手前右でボールを持ったマウントが絶妙なクロスをゴール前に供給するが、ヴェルナーがヘディングシュートを枠に飛ばせない。
 
一方、早い時間帯に追いつきたいポルトは51分、背後へのボールに対してDFリュディガーの隙を突いて前に入ったマレガがボックス右に抜け出してシュートを放つが、これはGKメンディの好守に遭う。さらに、攻勢を仕掛ける中で57分にもボックス手前で仕掛けたルイス・ディアスが枠のわずか右に外れる際どいシュートを放った。
 
立ち上がり以降、相手に流れを奪われたチェルシーは65分、存在感が希薄だったハヴァーツ、ヴェルナーの前線2選手を下げてジルーとプリシッチを同時に投入。だが、この選手交代も即効果を発揮とはいかない。
 
後半半ばを過ぎてもポルトの時間帯が続く中、69分にはセットプレーの流れからマレガが鋭い反転シュートを枠の左隅に飛ばすが、これはGKメンディに阻止される。さらに、72分にはボックス左に抜け出しかけたマレガがDFアスピリクエタに後ろから押し倒されるが、PK獲得かに思われたこの場面で主審はノーファウルの判定を下した。
 
その後、チェルシーはマウントとリース・ジェームズを下げてチアゴ・シウバ、カンテと頼れるクローザー2人を同時投入し、割り切って逃げ切り態勢に入る。対してポルトは83分にマレガ、オタビオ、マナファを下げてフランシスコ・コンセイソン、ファビオ・ヴィエイラ、トニ・マルティネスと若手アタッカー3人を同時にピッチへ送り込み、勝負に出た。
 
すると、一連の選手交代が試合を動かす。85分、自陣中央左のコバチッチが左サイドのスペースに出したフィードに対してヘスス・コロナが痛恨のトラップミス。このルーズボールをかっさらったチルウェルがそのままドリブルでゴール前に運んでいくと、冷静にGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込んだ。
 
相手のミスを突いて決定的な2点目を奪ったチェルシーはここから完全に専守防衛の形を取り、ポルトの攻撃を冷静に撥ね返し続けた。そして、中立地セビージャ開催のベスト4進出を懸けた第一ラウンドを制したチェルシーが2つのアウェイゴールによって大きなアドバンテージを手にすることになった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング