1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

勝ち点並ぶ新潟と琉球が揃って勝利!琉球では守護神・田口がビッグセーブ連発【明治安田J2第7節】

超ワールドサッカー / 2021年4月11日 18時4分

11日、明治安田生命J2リーグ第7節の6試合が各地で行われた。勝ち点16で並ぶ新潟と琉球はともに勝利を収めた。

山形とのアウェイ戦に臨んだ新潟は、序盤から攻勢に出る中で20分に本間がドリブルでボックス左に侵入。マイナスの折り返しを鈴木がダイレクトで狙ったが、惜しくも枠の上に外れてしまった。

以降は徐々に山形のペースに。33分、44分と相手のビッグチャンスを許すが、DFの身体を張った決死の守備で何とか失点を防ぐ。前半アディショナルタイムの山形のFKのシーンでは、クロスから加藤にネットを揺らされるが、山形の選手にファウルがあったとしてゴールは認められず。

胸を撫で下ろした新潟は後半から仕切り直して迎えた56分、前線からプレッシャーかけて本間がボールを奪うと、最後は本間の横パスを高木がボックス中央から押し込んで先制に成功した。

ここから再び勢いを取り戻した新潟は、終盤に差し掛かった77分、FKからボックス左でボールを持った本間がふわりとしたクロスを上げると、山形GKビクトルがキャッチミス。これがオウンゴールとなり、新潟が0-2で勝利を収めた。

アウェイで水戸と対戦した琉球はいきなり窮地を迎える。8分、自陣でボールを失い、カウンターのピンチに。中山仁斗にゴール前まで持ち込まれるが、GK田口がビッグセーブ。ここまで3失点の守護神がチームを救った。

攻撃では43分に、左クロスを受けてゴール前に阿部が抜け出すも、シュートコースが甘く、GKにぶつけてしまった。互いに幾度かチャンスを作った前半だったが、ゴールレスで試合を折り返す。

後半立ち上がりに阿部が決定機を外した琉球は、守備では再びGK田口の好セーブ光る。そんな一進一退の攻防が続く中、琉球が均衡を破った。

60分の左CKのシーン。風間宏矢が右足で上げたクロスを相手に競り勝った清水が頭で流し込んでネットを揺らした。さらにその2分後には、右サイドから田中が上げたアーリークロスに、投入直後の清武がスライディングで合わせて追加点。

そして、最後は後半アディショナルタイムの森のミドルシュートを守護神・田口が弾き出して試合終了。0-2で賞りした琉球が、新潟をピタリと追走している。

◆第7節
▽4/11(日)
モンテディオ山形 0- 2 アルビレックス新潟
水戸ホーリーホック 0- 2 FC琉球
栃木SC 0-0 SC相模原
FC町田ゼルビア 0- 1 京都サンガS.C.
ツエーゲン金沢 0- 1 ジェフユナイテッド千葉
愛媛FC 2-2 ファジアーノ岡山

▽4/10(土)
ブラウブリッツ秋田 0-0 大宮アルディージャ
ザスパクサツ群馬 1- 2 V・ファーレン長崎
ヴァンフォーレ甲府 1-1 ギラヴァンツ北九州
ジュビロ磐田 4-1 松本山雅FC
東京ヴェルディ 3-1 レノファ山口

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング