1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ローマが冨安負傷欠場のボローニャにウノゼロ辛勝でCL出場権争いに踏み止まる《セリエA》

超ワールドサッカー / 2021年4月12日 2時55分

写真:Getty Images

セリエA第30節、ローマvsボローニャが11日に行われ、1-0でローマが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場している。

ローマ(勝ち点51)は前節、2度のリードを生かせずサッスオーロに引き分け、3試合勝利がなく7位に後退。チャンピオンズリーグ出場権争いに踏み止まるためには勝利が必須の中、3日前に行われたヨーロッパリーグでは劣勢ながらアヤックス相手に敵地で先勝とし、ベスト4入りに近づいた。そのアヤックス戦のスタメンから6選手を変更。ペッレグリーニやジェコ、GKパウ・ロペスらがベンチスタートとなり、レイノルズが初スタメンとなった。

対する11位ボローニャ(勝ち点34)は前節、インテルに善戦するも0-1で惜敗となった。前半終盤に負傷交代した冨安は欠場となった。

マジョラル、ペドロ、カルレス・ペレスが前線に構える[3-4-3]で臨んだローマに対し、ボローニャが圧力をかける入りとすると、9分に決定機。スコフ・オルセンの右クロスからパラシオがシュートに持ち込んだが、わずかに枠の左に外れた。

さらに20分、左CKからファーサイドのソリアーノがボレーで狙うも、GKミランテの好守に阻止される。直後にもCKの流れからダニーロが決定的なシュートを浴びせたボローニャが流れを引き寄せていく。

前半半ば以降も劣勢が続いていたローマだったが、ハーフタイム前の44分に先制する。ロングボールに抜け出したマジョラルが飛び出してきたGKスコルプスキをかわして無人のゴールに流し込んだ。

迎えた後半はローマがペースを握りながら時間が経過していく。55分にはディアワラがドリブルシュートでオンターゲットを記録。ボローニャの反撃を許さず試合を進める中、68分にはムヒタリアンとヴェレトゥを投入した。

74分にはブルーノ・ペレスが枠内シュートを放った中、終盤にかけても危なげなく試合を運んだローマがウノゼロで逃げ切り。CL出場権争いに踏み止まっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング