1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ケルン、新指揮官にフンケル氏を招へい!19年ぶりの復帰

超ワールドサッカー / 2021年4月13日 1時5分

写真:Getty Images

ケルンは12日、ドイツ人指揮官フリートヘルム・フンケル氏(67)を新監督に招へいした。契約期間は2021年6月30日までとなる。

ケルンは、28試合を消化したブンデスリーガで降格圏の17位に沈んでおり、11日に行われたマインツ戦でも2-3と敗戦。リーグ戦8試合勝利がなく、残留圏内の15位ヘルタ・ベルリンとは3ポイント差を付けられている。

そんな中、12日にマルクス・ギズドル監督(51)を解任したことを発表していた。

フンケル氏は、これまでフランクフルトやヘルタ・ベルリン、ボーフムなど国内クラブで監督を歴任。直近では、2016年3月からデュッセルドルフの新機関を務めていたが、2020年1月に成績不振を理由に解任以降はフリーとなっていた。

また、フンケル氏は19年前にも低迷するケルンの指揮官を務めたことがあり、当時はチームを2部へ降格させてしまったが、翌年に1部復帰を果たすと、2003年10月までチームを指揮していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング