1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

レーティング:リバプール 0-0(AGG:1-3) レアル・マドリー《CL》

超ワールドサッカー / 2021年4月15日 6時33分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、リバプールvsレアル・マドリーが、14日にアンフィールドで行われ、0-0のドローに終わった。この結果、2戦合計1-3としたマドリーの準決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
▽リバプール採点

(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 アリソン 6.0
難しい枠内シュートはなかったが、前がかりなチームの背後を冷静にケア。後半半ばにはヴィニシウスの抜け出しを勇敢な飛び出しで阻止
 
DF
6 アレクサンダー=アーノルド 6.5
前回対戦で完敗したヴィニシウスを封じつつ、正確なクロスやラストパスで再三の決定機を創出
 
47 フィリップス 6.5
一度ベンゼマに出し抜かれてピンチを招いたが、以降は球際の強さを生かした守備で相手の起点を潰す好守を見せた
 
19 オザン・カバク 6.0
あわやオウンゴールという場面もあったが、チームが押し込む戦いを見せた中でうまくリスクを管理した
 
(→ジョタ 5.0)
得意とするジョーカーでの起用となったが、攻撃を活性化させるようなプレーを見せられず
 
26 ロバートソン 5.5
攻守両面で気迫を見せたが、逆サイドに比べて決定的なチャンスを作り出せなかった
 
MF
5 ワイナルドゥム 6.0
相手の強力な中盤に対して堂々と渡り合った。幾度かチャンスの起点を作った
 
3 ファビーニョ 6.0
アンカーとセンターバックで奮闘。攻撃面での輝きは限定的も、中盤のデュエルで存在感を放った
 
7 ミルナー 6.0
見事なシュートもクルトワの好守に阻まれる。攻守両面で強度と献身性を備えたプレーで存在感
 
(→チアゴ 5.5)
幾度からしいパスを出したが、決定的な仕事はできず
 
FW
11 サラー 5.5
個人としては悪くないパフォーマンスだったが、エースとしては幾度かあった決定機を決め切りたかった
 
9 フィルミノ 5.5
サラー同様に決定的な仕事はできなかったが、要所でアクセントを付けて決定機を創出。老獪な守備も効いていた
 
(→シャキリ -)
 
10 マネ 5.0
試合の立ち上がりに続けて決定機に絡んだが、以降は相手の集中した守備を上回ることができなかった
 
(→オックスレイド=チェンバレン -)
 
監督
クロップ 5.0
1stレグに比べてプレー強度は大幅改善も、選手交代が全く機能せず、最後までゴールが遠かった
 
▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 クルトワ 7.0
立ち上がりに2本の圧巻のセーブを見せて流れを引き寄せる守護神の働き。後半も安定したゴールキーピングでゴールにカギをかけた
 
DF
15 バルベルデ 6.0
不慣れな右サイドバックで前半は苦戦も後半は粘り強く対応。ヴィニシウスの決定機を創出するなど見せ場も作った
 
3 ミリトン 7.0
相手アタッカー陣を上回るアスリート能力で無理の利く守備を90分間継続。再三のシュートブロックやクロス対応など、守備者として圧巻の出来
 
6 ナチョ 7.0
セルヒオ・ラモスを彷彿とさせる抜群の存在感で最終ラインを完璧に統率。対人守備、カバーリングいずれも完璧だった
 
23 F・メンディ 6.5
やや軽率な対応もあったが、相手の強力な右サイドを相手に最後まで大きな穴を作らず
 
MF
10 モドリッチ 6.5
攻撃面でなかなか良さを出せなかったが、カゼミロと共に要所を締める見事な守備。全体を落ち着かせるプレーも秀逸
 
14 カゼミロ 7.0
前半に相手の決定的なラストパスに見事なフィルターをかけるなど、真骨頂の危機察知能力を遺憾なく発揮。最終ラインの前で防波堤となった
 
8 クロース 5.5
相手の徹底監視に遭い、試合を通して苦しい展開に。らしくないミスや入れ替わりも散見も、最低限の仕事はこなしていた
 
(→オドリオソラ 5.5)
スタメン抜擢はならずもうまく試合に入って逃げ切りに貢献
 
FW
11 アセンシオ 5.5
決定機に絡むテクニカルなプレーもあったが、球際の勝負と不得手な守備に追われて消化不良の一戦に
 
(→イスコ -)
 
9 ベンゼマ 5.5
コンディションの問題か全体的に無理が利かず、ミスも散見。それでも無難に起点役はこなせていた
 
20 ヴィニシウス 5.5
前回対戦に比べて相手にうまく対応されたが、背後のけん制役としては十分に存在感はあった。後半半ばの決定機は決めたかった…
 
(→ロドリゴ 5.5)
献身的に守備はこなしたが、見せ場はほぼなかった
 
監督
ジダン 6.5
バルベルデをスクランブル起用するなど、急造最終ラインでの戦いとなったが、後半に的確な修正を施すなどチームを逃げ切りに導く
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
クルトワ(レアル・マドリー)
ナチョとミリトンのセンターバックコンビ、カゼミロのプレーもスーパーだった。そこに優劣はないが、試合の流れという部分で序盤のビッグセーブで流れを引き寄せた守護神をMOMに選出。開始2分のセーブが勝ち抜けのターニングポイントだった。
 
リバプール 0-0(AGG:1-3) レアル・マドリー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング