1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

【J1注目プレビュー|第10節:徳島vs鹿島】待望の初陣と“よもや”の初陣、初白星を手にする指揮官は

超ワールドサッカー / 2021年4月17日 11時18分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第10節】
2021年4月17日(土)
14:00キックオフ
徳島ヴォルティス(14pt/9位) vs 鹿島アントラーズ(8pt/15位)
[鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム]

クラブのJ1勝利数をすでに超えた徳島はついに監督の初陣。対する鹿島は、電撃的な監督交代で、こちらも新指揮官の初陣に・

◆ポヤトス体制で加速するか【徳島ヴォルティス】

3連勝を収めた後、かつての指揮官が率いる浦和レッズには敗れたものの、ミッドウィークに行われた前節はセレッソ大阪に1-2で勝利した徳島。すでにクラブが記録した年間のJ1勝利数を超えることとなった。

キャンプからJ1の10試合を指揮した甲本偉嗣ヘッドコーチは、想定以上の結果を残してダニエル・ポヤトス監督へとバトンを渡すことに。しっかりとやりきったと言って良い成績だろう。

その徳島は、15日についにポヤトス監督が選手たちの前に登場。準備期間は短いが、監督の下でどのようなプレーを見せるかは楽しみだ。

当然ベースは変わらず、これまで通りの戦いを見せることになるが、そこにどんなエッセンスが加わるのか。気になるのは契約の影響でFW垣田裕暉が起用できないこと。ポヤトス監督がどんなチョイスをするのかにも注目だ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:上福元直人
DF:岸本武流、安部崇士、福岡将太、ジエゴ
MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲
MF:浜下瑛、渡井理己、藤原志龍
FW:宮代大聖
監督:ダニエル・ポヤトス
契約上出場不可:垣田裕暉

◆再建へ向けた第一歩【鹿島アントラーズ】

それは突然のことだった。13日、選手2名とスタッフ1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。そして翌14日、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が成績不振により解任された。

昨シーズンは出だしでつまづいたものの、中盤からV字回復し5位フィニッシュ。しかし、今シーズンも開幕からつまづき、8試合を終えて15位と低迷していた。

開幕戦の負け方がチームを狂わせた一因とも言われたが、最後までチーム内で確固たるものが築き上げられなかったことも事実。チームを改革していく上で、ある程度の痛手は負うもの。それを我慢をするのか、見切るのかの判断は難しいところだが、鹿島の選択は見切りだった。

後任に就いたのはコーチを務めていたクラブOBの相馬直樹監督。「強いアントラーズを取り戻す」と口にしたが、チームに再建を突然託される形となった。火中の栗を拾うとは言ったもの。手を入れても簡単に拾えなさそうだが、まずは脆弱な守備から着手することを語った。

とはいえ、準備する時間は少ない中で何から手をつけたのか。徳島戦からはYBCルヴァンカップを含めて13連戦。すぐに結果は出ずとも、一筋の光が見える戦いを見せられるかがポイントだろう。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK沖悠哉
DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也
MF:三竿健斗、レオ・シルバ
MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真
FW:上田綺世
監督:相馬直樹

【ハイライト動画】徳島がC大阪に競り勝ち今季4勝目!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング