1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

グリーンウッドがリーグ3戦連発含む2ゴール! 5連勝のユナイテッドが首位シティと8pt差に迫る《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年4月19日 2時3分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第32節、マンチェスター・ユナイテッドvsバーンリーが18日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが3-1で勝利した。

前節、トッテナムとの上位対決を逆転で制して首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差を11ポイントに縮めた2位のユナイテッド(勝ち点63)。リーグ5連勝で首位追走を狙う今回の一戦では降格圏一歩手前の17位に位置するバーンリー(勝ち点33)と対戦した。

直近のヨーロッパリーグ(EL)でグラナダに2-0の快勝を収め準決勝進出を果たしたホームチームは、その試合から先発5人を変更。同試合をサスペンションで欠場したマグワイア、ショー、マクトミネイが先発に復帰し、カバーニに代えてラッシュフォードを最前線で起用した。

試合は開始20秒過ぎに右サイドのロートンのアーリークロスに反応したウッドが不用意に飛び出したGKヘンダーソンよりも先に頭で合わせ、電光石火の仕掛けからいきなりゴールネットを揺らす。しかし、バーンリーの先制点かに思われたこの場面はウッドのオフサイドにより取り消しとなった。

集中力を欠く入りもオフサイドに救われたホームチームは気を引き締め直して攻勢を仕掛けていく。4分にワン=ビサカのクロスからマクトミネイがフィニッシュに絡むと、10分には再びワン=ビサカのクロスをファーのポグバが頭で合わせて枠の左隅に飛ばすが、これはGKピーコック=ファーレルのビッグセーブに遭う。

以降は完全にユナイテッドが押し込む形で試合の主導権を握り、右サイドに流れるグリーンウッドやブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードの流動的なポジションチェンジを軸に幾度も決定機を創出。28分にはボックス左で仕掛けたラッシュフォードのシュートや、再三の際どいクロスが供給される。その一方で、バーンリーも守備一辺倒とはならず、少ないカウンターチャンスからウッドがきっちりフィニッシュに結びつけてGKヘンダーソンを脅かした。

迎えた後半、フレッジを下げて切り札のカバーニをハーフタイム明けに投入したユナイテッドはポグバがセントラルMF、ラッシュフォードが左ウイングと立ち位置を変える。すると、この選手交代が先制点をもたらす。

48分、左ウイングにポジションを移したラッシュフォードがショーとの連携で左サイドを突破。ボックス内に切り込んで丁寧な折り返しを入れると、中央で相手守備を引き付けたB・フェルナンデスが完璧なスルー。ファーでドフリーのグリーンウッドが冷静に左足で流し込み、リーグ戦3試合連続ゴールとした。

これで落ち着いた試合運びが可能となったユナイテッドだったが、直後に相手得意のセットプレーで追いつかれる。50分、左CKの場面でキッカーのウエストウッドが上げたクロスをDFワン=ビサカのマークを外したタルコウスキに打点の高いヘディングで叩き込まれた。

これでゴールが必要な展開となったユナイテッドは、ラッシュフォードの鋭い仕掛けを攻め手に再び攻勢を強めていく。だが、前半から継続してソリッドな堅守速攻で迎え撃つアウェイチームの強度が高いプレーに苦戦。幾度かセットプレーやボックス内でボールを引き出すラッシュフォードがチャンスに絡むも、最後のところで粘られる。

膠着状態が続く中、試合は1-1のイーブンのまま試合終盤に突入する。ホームで勝ち切りたいユナイテッドは84分にラッシュフォードを下げてファン・デ・ベークを2枚目のカードとして投入した。

すると、この直後の左CKの流れからボックス手前でキープしたポグバから浮き球のサイドチェンジがグリーンウッドに渡る。ここで果敢にボックス内へ切り込んで放ったグリーンウッドの左足シュートがブロックに入ったコークの足に当たって大きくコースが変わりニア下に突き刺さった。

グリーンウッドの値千金の勝ち越しゴールで逃げ切り態勢に入ったホームチームはマクトミネイ、B・フェルナンデスと2度の決定機を決め切れず、バーンリーに反撃のチャンスを与えてしまう。だが、試合終了間際の93分には自陣でのマグワイアのボール奪取からロングカウンターを発動させ、最後はボックス左でファン・デ・ベークが丁寧に折り返したボールをゴール前のカバーニがワンタッチで流し込み、ダメ押しの3点目とした。

苦しみながらもグリーンウッドのリーグ3戦連続、カバーニの公式戦3試合連続ゴールで勝ち切ったユナイテッドがリーグ5連勝を達成すると共に、シティとの勝ち点差を8ポイントに縮めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング