1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

エジルがファン目線で欧州スーパーリーグ構想に反対「ビッグゲームの楽しみは、毎週ではなく、年に1、2回だから」

超ワールドサッカー / 2021年4月19日 22時30分

写真:Getty Images

フェネルバフチェでプレーする元ドイツ代表MFメスト・エジルが、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想に意見した。

これまでシャルケやブレーメン、レアル・マドリー、アーセナルでプレーしてきたエジル。世界最高峰の戦いを経験してきており、チャンピオンズリーグやワールドカップでも結果を残してきた。

しかし、古巣であるマドリーやアーセナルも含めたヨーロッパのビッグクラブが参加するヨーロッパ・スーパーリーグが発足。これまでに大会が誕生することとなった。

現在はトルコのフェネルバフチェでプレーしているエジルだが、18日に発表されたヨーロッパ・スーパーリーグの構想について自身のツイッターで言及。反対の意見を表明した。

「子供たちは、スーパーリーグではなく、ワールドカップとチャンピオンズリーグで優勝することを夢見て成長していく」

「ビッグゲームの楽しみは、毎週ではなく、年に1、2回しか起きないことだ」

「そこにいる全てのサッカーファンにとって、本当に理解するのが難しいだろう」

ワールドカップやユーロは4年に1度、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなど国をまたがる対戦も年に数試合しか行われず、それが楽しみだと語るエジル。選手から見ても、やはりイマイチな構想のようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング