1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

想定外の猛反発受け、ESLプロジェクトは消滅か…現時点で半分の6クラブが撤退決断か

超ワールドサッカー / 2021年4月21日 4時10分

写真:Getty Images

18日の創設発表からわずか数日でヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)創設の動きに暗雲が漂い始めている。

欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されるESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだ。

だが、批判が相次ぎ、本格稼働に向けて“大揉め”必至。UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)はともに全面的に反対する声明を発表している。

各国のサッカー協会、各国リーグの反発までは想定していたESL参加クラブだったが、世論や自クラブからの猛反発までは想定外だったようで、チェルシーとマンチェスター・シティのプレミアリーグの2クラブと、バルセロナとアトレティコ・マドリーのラ・リーガ2クラブが早くも参戦撤回の動きを見せているようだ。

『タイムズ』や『スカイ・スポーツ』などのイギリスの主要スポーツメディアは、チェルシーとシティはすでにクラブ内で参戦撤回を決定したという。

また、スペイン『TV3 Catalunya』によると、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長はソシオ総会で承認されるまでESLへの参加を認めないと断言。さらに、アトレティコに関しても即時撤退とはいかないものの、ESL参戦を再考する準備を進めているようだ。

さらに、イギリスメディアの続報によると、レアル・マドリーと共にESL創設を主導してきたと言われるマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルも撤退の動きを見せ始めており、その他のクラブもこの動きに追従する可能性が高まっているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング