1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

初タイトル逃したライプツィヒ、ナーゲルスマンは結果に落胆「全体としては良い試合ができた」

超ワールドサッカー / 2021年5月14日 12時59分

写真:Getty Images

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、DFBポカール決勝での敗戦に悔しさを滲ませた。クラブ公式サイトが伝えている。

ライプツィヒは、13日に行われたDFBポカール決勝でドルトムントと対戦。勝てばクラブ初のタイトル獲得が実現する一戦だったが、前半だけで3失点を喫する厳しい展開に。後半にMFダニ・オルモのゴールで1点を返したものの、終盤さらに失点を許すとそのまま1-4で敗れた。

DFBポカール準決勝に終わり、クラブとして初タイトルを逃したライプツィヒ。来季からバイエルンの監督就任が決まっているナーゲルスマン監督は、有終の美を飾ることができなかった。

試合後のインタビューに臨んだナーゲルスマン監督は、あと一歩でトロフィーを逃したことに落胆。試合内容自体は悪くなかったと強調しつつ、ここから立ち直るのは簡単ではないと語っている。

「まずはドルトムントの勝利を祝福するよ。決勝戦で負けたときの感情については、良くはない。とはいえ、私はチームを誇りに思っている。たとえ結果が良くなくても、全体としては良い試合ができたのだから」

「ハーフタイムで0-3とされた後、あんなにも気持ちを込めてプレーしたのは非常に例外的だったと思う。今日の我々が悪いチームだったとは思わないが、0:3の時点で背負うものは非常に重くなっていた。相手はリード後、非常に深い位置でカウンターを狙っていたと思う。ビハインドを負った決勝戦は、簡単ではなかった」

「もっと相手のゴールを危険にさらすことができたはずであり、よりゴールを狙えるだけのビッグチャンスもたくさんあった。この結果に虚しさを感じてはいない。まずは気持ちを落ち着けて分析し、リーグのヴォルフスブルク戦に備えるつもりだ。ただし、もちろんそれは簡単ではない」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング