1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

覇権奪還を目指すセルティック、元ボーンマス指揮官のエディ・ハウを招へいか

超ワールドサッカー / 2021年5月14日 14時8分

写真:Getty Images

来シーズンからの新指揮官を探すセルティックが、エディ・ハウ氏(43)と合意したようだ。イギリス『talkSPORT』が報じている。

今シーズンのスコティッシュ・プレミアシップでは、スティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズが強烈な強さでリーグを独走し、3月上旬にセカンドステージを待たずして優勝を決めた。10シーズンぶりの優勝には、喜びのあまり行き過ぎたサポーターが続出し、警察沙汰になったほど。

一方のセルティックは、10連覇が見込めなくなった2月下旬にニール・レノン前監督を解任。シーズン終了まではアシスタントコーチのジョン・ケネディ氏が暫定監督を務めているが、覇権奪還を目指す来シーズンに向けて、新監督を探している。

そして、その有力候補がエディ・ハウ氏だ。同氏は2012年10月に再任したボーンマスで、当時リーグ1(イングランド3部)に属していたチームを3年でプレミアリーグに導く手腕を発揮。その後5シーズンの間、プレミアリーグで戦い続けたが、18位でチャンピオンシップ(イングランド2部)へ降格した昨シーズンを最後に退任した。

『talkSPORT』によるとセルティックは、かつて2年半の在任期間に2度のリーグ優勝など7個のトロフィーをもたらし、今季のレンジャーズにも劣らない強さのチームを作り上げたブレンダン・ロジャーズ監督(現レスター・シティ)に似た要素をエディ・ハウ氏が備えていると分析しているようで、新指揮官候補には他にフランク・ランパード氏の名前も挙がっていた中、最終決定はより経験豊富なハウ氏を選んだという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング