1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

【プレミア注目プレビュー】解任レースリードのアルテタが盤石の欧州王者相手に挑む

超ワールドサッカー / 2021年8月22日 12時0分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第2節、アーセナルとチェルシーによる“ビッグロンドン・ダービー”が、日本時間22日24:30にエミレーツ・スタジアムでキックオフされる。開幕戦で昇格組相手に苦杯を舐めたガナーズと、5年ぶりの覇権奪還に向け好スタートを切った盤石のブルーズによる、今季初のダービーだ。

アルテタ監督就任2年目となった昨シーズンのリーグ戦を8位で終え、25年ぶりにヨーロッパのコンペティション出場を逃したアーセナル。その成績不振によって解任も噂された中、最終的に3年目のチャンスを与えられたスペイン人指揮官。さらに、今夏の移籍市場ではDFホワイト、GKラムズデール、MFサンビ・ロコンガ、DFヌーノ・タヴァレス、MFウーデゴールと、目立った主力の売却なしに積極補強のアシストを受けた。

しかし、先週行われた開幕戦では初昇格のブレントフォードに0-2で完敗し、歴史的なプレミアリーグ初白星を献上。新型コロナウイルスの感染の影響で主力数選手を起用できなかったエクスキューズはあるものの、プレシーズンを通じて、積み上げを感じられない低調な戦いに終始。仮に、今節のダービー、次節のマンチェスター・シティという2つのビッグマッチで連敗を喫することになれば、一躍解任レースの首位に躍り出る崖っぷちの状況だ。

一方、昨季途中に就任したトゥヘル監督の下で劇的な進化を遂げたチェルシーは、リーグ4位フィニッシュに加え、クラブ史上2度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成。迎えた今シーズンもビジャレアルを下してUEFAスーパーカップを制すると、クリスタル・パレスとのリーグ開幕戦では3-0のスコア以上の内容の差を見せつけて白星スタートを飾った。
昨シーズンに大型補強を敢行したこともあり、ここまでの補強は新エースストライカー候補のFWルカクの獲得に留まっているが、自慢のアカデミー育ちのDFチャロバーがブレイクの雰囲気を漂わせており、残り約10日の移籍市場の動きに注視する必要はあるが、現時点でスカッドとしての完成度はヨーロッパ屈指。アーセナル同様に次節にはリーグタイトルを争うリバプールとのビッグマッチを控えており、不調のローカルライバルを叩き良い形でアンフィールドに乗り込みたい。

今夏のプレシーズンマッチを2-1で制していることもあり、下馬評ではチェルシーが圧倒的優位と見られるが、直近の公式戦ではアーセナルが3連勝を含め4戦無敗。今回の一戦ではアーセナルが相性の良さを見せるのか、あるいはチェルシーが地力の差を見せつけるのか…。

◆アーセナル◆
【3-4-3】
▽アーセナル予想スタメン

(C)CWS Brains,LTD.

GK:レノ
DF:ホワイト、ホールディング、パブロ・マリ
MF:ベジェリン、サンビ・ロコンガ、ジャカ、ティアニー
FW:サカ、マルティネッリ、スミス・ロウ

負傷者:GKルナルソン、DFガブリエウ、MFトーマス、ウィリアン、FWラカゼット、オーバメヤン、エンケティア
出場停止者:なし

出場停止者はいないが、労働ビザの問題でウーデゴールが起用できない。また、負傷者に関してはガブリエウとトーマス、エンケティアに加え、新型コロナウイルスに感染したルナルソン、ウィリアン、オーバメヤン、ラカゼットの出場が危ぶまれる。

ブレントフォードと開幕戦では[4-2-3-1]の布陣を採用しており、同じ布陣で臨む可能性もあるが、現状のメンバー構成を考慮して、より守備的な[3-4-3]への変更を予想。最終ラインにホールディングが入り、ティアニーは3バックの左か左ウイングバックに入ると見る。ウイングバックの人選に関してはチャンバース(セドリック)、ヌーノ・タヴァレスに出番が与えられるかもしれない。

前線は前述のメンバーの中で唯一出場の可能性を残すオーバメヤンの状態次第でスタメン起用の可能性があるが、現時点ではマルティネッリ、ペペ、スミス・ロウが最前線の代役候補だ。GKに関しては20日に新守護候補のラムズデールを獲得したが、さすがに合流間もないため引き続きレノがゴールを守ることになるはずだ。

◆チェルシー◆
【3-4-2-1】
▽チェルシー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:メンディ
DF:チャロバー、クリステンセン、リュディガー
MF:アスピリクエタ、ジョルジーニョ、コバチッチ、マルコス・アロンソMF:マウント、ハヴァーツ
FW:ルカク

負傷者:MFプリシッチ、カンテ、ツィエク
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては新型コロナウイルスに感染しているプリシッチが欠場する。一方で、ケガが癒えたツィエクとカンテの2選手はトレーニング復帰を果たしており、マッチフィットネスに問題がなければメンバー入りが可能となっている。

スタメンに関しては快勝したパレス戦のメンバーをベースに、プリシッチとヴェルナーに代わって注目のルカクとハヴァーツの起用を予想。また、守備陣ではチアゴ・シウバやリース・ジェームズ、チルウェルの起用も想定される。

★注目選手
◆アーセナル:DFベン・ホワイト
Getty Images

アーセナルの注目プレーヤーはガナーズ史上最も高価なセンターバックだ。リーズで鬼才ビエルサ、ブライトンでグラハム・ポッターとタイプは異なるものの、戦術家として知られる2人の名指揮官の薫陶を受けたホワイトは、今夏の移籍市場で5000万ポンドの高額な移籍金でアーセナルに加入した。

プレシーズンマッチでは持ち味のビルドアップセンス、アスリート能力を発揮して早くも大器の片りんを見せたが、公式戦デビューとなったブレントフォード戦ではFWトニーら相手のセンターフォワード相手に空中戦、球際の弱さを露呈。ブライトンではダンク、ウェブスターというパワフルな相棒のサポートによって目立っていなかったが、2センターバックの一角でプレーする上では早急に改善すべき課題だ。

そして、今回のダービーでマッチアップが予想されるのは、世界屈指のフィジカル能力を誇るルカク。スピードの部分では十分に戦えるが、デュエルの部分で劣勢は必至。チームが3バックを採用する場合は周囲のサポートを得られるが、仮にブレントフォード戦の戦い方を継続する場合は守備者としての真価を試されることになる。また、プレスの強度、連動性の高い相手の守備に対して、持ち味である正確な配球、局面を変える持ち上がりなど、攻撃面での貢献も求められるところだ。

◆チェルシー:FWロメル・ルカク
Getty Images

チェルシーの注目プレーヤーはクラブ史上最高額の9700万ポンドで7年ぶりの古巣帰還を果たしたルカク。2011年にアンデルレヒトから加入し、2014年にエバートンに移籍するまで3年間在籍したものの、当時は若さもありトップチームでは公式戦15試合の出場でノーゴールに終わった。

その後、エバートン、マンチェスター・ユナイテッドとイングランドのライバルチームを渡り歩き、2019年に加入したインテルでは在籍2年間で公式戦95試合に出場し、64ゴールという圧巻の数字を記録。昨シーズンはリーグ年間MVPに輝き、11年ぶりのスクデット獲得に大きく貢献した。

そして、ベルギー代表、インテルで揉まれて世界屈指のストライカーの1人に成長した28歳は、今夏満を持してプレミアリーグに再挑戦。同リーグでは通算252試合出場で113ゴールを挙げてきたが、対ビッグ6などビッグマッチで活躍できないことから、一部では“雑魚専”という屈辱的なレッテルも貼られている。

前回在籍時とは異なり、新エースストライカーとして勝負強い働きが求められる中、デビュー戦となる今回のダービーでは落ち目とはいえどもビッグ6の一角を担うアーセナル相手にチェルシーのトップチームでの初ゴールを挙げたい。ちなみに、対アーセナルのリーグ通算成績は15試合2ゴール3アシストだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング