1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ECLグループステージ出場32チームが決定! 菅原や原口&遠藤ら日本人6選手が参戦へ

超ワールドサッカー / 2021年8月27日 6時47分

写真:Getty Images

8月26日に2021-22シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)予選プレーオフが終了し、グループステージに出場する全32チームおよびポット分けが決定した。

2021-22シーズンから新たに設立されたECLは、チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ欧州サッカー連盟(UEFA)の第3階層レベルの大会。レギュレーション的には従来のELを分割する形式となっている。

今回のグループステージはELプレーオフ敗退チームと、ECLプレーオフを制した合計32チームで構成される。

UEFAクラブランキングに応じて4つのポット分けが決定する中、ポット1には優勝候補筆頭のローマとトッテナムに加え、バーゼル、コペンハーゲンといったヨーロッパの常連が入った。

また、日本人選手ではDF菅原由勢(AZ)、FW中村敬斗(LASKリンツ)、MF香川真司(PAOK)、MF原口元気と遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)、MF田中亜土夢(ヘルシンキ)の6選手が現時点で参戦予定だ。

グループステージ組み合わせ抽選会は8月27日にトルコのイスタンブールで開催。なお、今ラウンドでは同じサッカー協会に所属するチーム同士の対戦(同国対決)はない。

◆ECLグループステージ出場チーム

▽ポット1
ローマ(イタリア)
トッテナム(イングランド)
バーゼル(スイス)
コペンハーゲン(デンマーク)
スラビア・プラハ(チェコ)
ヘント(ベルギー)
AZ(オランダ)
LASKリンツ(オーストリア)

▽ポット2
フェイエノールト(オランダ)
カラバフ(アゼルバイジャン)
マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
PAOK(ギリシャ)
スタッド・レンヌ(フランス)
パルチザン・ベオグラード(セルビア)
クルージュ(ルーマニア)
ゾリャ(ウクライナ)

▽ポット3
ウニオン・ベルリン(ドイツ)
CSKAソフィア(ブルガリア)
フィテッセ(オランダ)
スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロバキア)
ヤブロネツ(チェコ)
アラシュケルト(アルメニア)
フローラ(エストニア)
カイラト(カザフスタン)

▽ポット4
リンカーン(ジブラルタル)
ラナース(デンマーク)
アノルトシス(キプロス)
オモニア(キプロス)
ヘルシンキ(フィンランド)
マッカビ・ハイファ(イスラエル)
ボデ/グリムト(ノルウェー)
ムラ(スロベニア)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング