1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

来夏でフリーのレノ、インテルが触手を伸ばす?

超ワールドサッカー / 2021年9月4日 15時47分

写真:Getty Images

インテルが、アーセナルのドイツ代表GKベルント・レノ(29)に関心を示しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。

現守護神のスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチが37歳という年齢となり、代わりとなるGK探しが目下の課題となっているインテル。今夏の移籍市場は8月31日をもって閉鎖したが、来夏を目処に注目しているのがレノだ。

レノは2022年6月でアーセナルとの契約が満了する予定のため、この間に契約更新しなければフリーで退団することになる。また、同クラブはそれを見越してか、今夏にシェフィールド・ユナイテッドからイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)を獲得している。

今季のここまではプレミアリーグ開幕3試合でゴールマウスを守っているレノだが、チームはその3試合で9失点全敗という体たらく。このまま復調することがなければ、レノが契約延長せず退団を検討することは容易に想像できる。

また、本人も以前に別のリーグを体験したいという旨のコメントを残しており、来夏はその絶好の機会となるかもしれない。

なお、イギリス『フットボール・ロンドン』は、仮にフリーで退団することになれば、推定2200万ポンド(約33億5000万円)の損失になると伝えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング