1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「1年前までは夢の舞台」W杯への思いを語る川崎Fの山根視来、出場権を得るために必要なこと「どんな状況でも相手より1点でも多く取る」

超ワールドサッカー / 2021年9月5日 22時30分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

7日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第2戦、中国代表に向けて、日本代表はカタールでトレーニングを続けている。

日本は2日に行われたホームでの初戦、オマーン代表戦では0-1で敗戦。5年前と同じ初戦ホームでの黒星は、大きく期待を裏切ることとなった。

そこから移動しカタール3日目となった5日、川崎フロンターレのDF山根視来がオンラインのメディア取材に応対。自身のコンディションについては「日本と比べて凄く暑いですし、湿度も高いので、そこの難しさはありますが、時差にも慣れてきたので、もう大丈夫かと思います」と問題ないと語った。

2日に行われたオマーン戦では敗れた日本。ベンチで試合を見ていた山根は「相手の準備期間が長かったり、日本代表が集まってなかなか一緒に練習できないとかありますが、最終予選はそんなことは全く関係なくて、勝ち点3だけを目指してチームのためにやらなければいけないということを、改めて出てる出ていないに関係なく痛感しました」とコメント。言い訳無しに、チームにつくす必要があると語った。

7日に行われる中国戦が非常に大事な戦いとなるが、中国については「帰化選手が何人か居たり、凄く球際を激しくくるというイメージがあるので、気持ちのところで絶対に上回るというところからやらないと、今回も勝ち点3を持ち帰るのは難しいのかなと思います」と簡単な戦いにはならないだろうと語った。

オマーン戦はサイド攻撃に重点を置きながらも崩し切れなかった日本。山根は「スライドを早くコンパクトにするチームだったので、1つ飛ばして揺さぶったり、その時にサイドバック、ウイングとハーフスペースのところに常に人が入れば三角形ができるので、そういった出し入れができれば、相手も嫌だったのかなと振り返って思いました」と分析。中国戦での自身のプレーについては「雰囲気とかは入ってみないとわからないですが、普段からやっているプレーをすることが大事で、周囲の選手たちとコミュニケーションをとってやれればと思います」と川崎Fで見せているプレーを出したいと語った。

山根は今年に入り日本代表に招集。3月、6月、そして9月と連続して呼ばれている。自身にとっては当然初めてとなるW杯最終予選。その印象は「W杯に直接通じる予選なので、W杯はサッカーをやっている人間全員が憧れる場所で、そこに繋がる場所に立てるチャンスはなかなかないと思います」と語り、「僕は国際経験はなかなかないですが、そこに立てるようにしたいと思います」と、試合に出場したいという思いを語った。

また「当たり前のことなんですが、どの国もW杯に出たいという熱量は2次予選以上に感じるので、自分たちも負けてはいけないです」とコメント。「上回らないと出場できなくなるので、良い準備をしたいと思います」と、気持ちの面でも負けてはいけないとした。

オマーン戦は慣れ親しんだメンバーが起用され、停滞した試合になった一方で、東京オリンピック世代や、経験が浅い選手の勢いも重要となる。

酒井宏樹(浦和レッズ)が離脱したため、山根にも出場のチャンスがある中、「何か残したいという思いはありますが、自分勝手なプレーはしてはいけないので、チームの勝ち点3のために自分ができることを捧げたいと思います」とチームへの貢献を口にした。

ただ、今までは遠い存在だったW杯が今はその出場を決める予選に出場できる状況。山根の想いも高まっている。

「1年前までは夢の舞台という感じでしたが、現実にてが届くかもしれないというところに来ているので、そこを意識してやっていかなければいけないと思います」

そしてそのために必要なことは「どんな状況になっても相手より1点でも多く点を取って、勝ち点3を取ることが大事だと思います」と語り、結果を残して出場権を得ないことには、夢のままで終わってしまうことを感じているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング