1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

【J1注目プレビュー|第28節:広島vs横浜FM】首位を追う横浜FMはリスタートなるか、最多ドローの広島は勝ち切ることができるか

超ワールドサッカー / 2021年9月11日 16時44分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第28節】
2021年9月11日(土)
19:00キックオフ
サンフレッチェ広島(10位/36pt) vs 横浜F・マリノス(2位/62pt)
[エディオンスタジアム広島]

◆勝ち切れないチームはどう戦う【サンフレッチェ広島】

中断前の試合はヴィッセル神戸相手に1-1のドロー。追いつかれての引き分けとなり、今季リーグ最多の12度目の引き分けとなった。

神戸戦ではFKで先制するも、GK大迫敬介の判断ミスにより失点。GKとしてやってはいけない中途半端なプレーで勝ち点2を逃した。

今シーズンの広島を象徴するかのような試合。12の引き分けは追いついたものや追いつかれたものがあるものの、ここ最近は追いつかれてのドローが続いている。

得点機を決め切れずに、相手に押し込まれて失点という悪い流れがシーズンを通して続いているが、今節対戦する横浜FM戦もアウェイゲームはドロー。2点差を追いつかれるという悪い流れでの引き分けだった。

チームとして集中力高く戦い続けられるか。圧倒的な攻撃力を誇る相手にしっかり戦いたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:大迫敬介
DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔
MF:柏好文、青山敏弘、松本泰志、東俊希
MF:エゼキエウ、柴崎晃誠
FW:ドウグラス・ヴィエイラ
監督:城福浩
出場停止:ハイネル

◆完敗で中断期間へ、リスタートなるか【横浜F・マリノス】

13戦無敗で首位の川崎フロンターレに肉薄していた横浜FMだったが、中断前のリーグ戦では大の苦手とする鹿島アントラーズ相手に0-2と惨敗。自ら勝ち点を落とし再び自力優勝が消滅した。

苦手意識がどこまで影響したかは定かではないが、立ち上がりに連続失点。その後は鹿島に特徴であるサイド攻撃を完全に封じ込められ、何もできずに敗れ去った。

掲げるサッカーの噛み合わせの問題も当然あるが、自信を得て首位の背中を追ってきたチームにとって壁にぶち当たったことは事実。さらに、その鹿島戦で負傷したDF畠中槙之輔は全治6カ月と今季が終了する重傷と苦しみは重なる。

この2週間でチアゴ・マルチンスが復帰したことはプラス材料。残り11試合、最終節の川崎Fとの直接対決までには負けられない試合しかない。リスタートを上手く切れるのかに注目だ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、和田たくや
MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏
FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然
監督:ケヴィン・マスカット

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング