1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

優勝候補同士の一戦は浦和レディースが逆転勝ち、新チーム広島レジーナも初戦白星【WEリーグ第1節】

超ワールドサッカー / 2021年9月12日 20時15分

写真:©WE LEAGUE

日本初の女子プロサッカーリーグ『Yogibo WEリーグ』が12日に開幕し、5試合が各地で行われた。

味の素フィールド西が丘では優勝候補同士が相まみえた。なでしこリーグ優勝17回、皇后杯優勝15回、リーグカップ優勝6回の実績を誇る超名門、日テレ・東京ヴェルディベレーザと、2020年に3度目のなでしこリーグ制覇を果たした三菱重工浦和レッズレディースが激突。

昨シーズンの皇后杯決勝と同一カードとなった試合は、FW安藤梢やMF猶本光を中心に浦和レディースが相手ゴール前へ迫る。18分にはFKから安藤が飛び込むも、東京Vベレーザに復帰したGK田中桃子がビッグセーブを見せる。

浦和のハイラインの裏を何度も狙う東京Vベレーザは、FW植木理子の俊足を生かして33分に先手を取る。DF宮川麻都のフィードに植木が反応。FW小林里歌子へとつなぎ、リターンを受けて至近距離からチーム初ゴールをたたき出した。

ビハインドで折り返した浦和レディースは、後半の頭からFW菅澤優衣香を投入。すると、この交代が的中する。裏を取った安藤が右サイドの深い位置から速いクロスを入れると、菅澤がニアへすべり込みながら合わせて49分に同点に。

以降は一進一退の攻防が続くなか、終盤に試合を決めたのはなでしこジャパンのシンデレラガールだった。88分、こぼれ球に反応したMF塩越柚歩がゴールを背にした状態からサイドステップでMF北村菜々美をかわし、反転から右足のフィニッシュ。これが決勝点となり、逆転に成功した浦和レディースが勝利を手にした。

東京電力女子サッカー部マリーゼの移管から10年の時を経て、今シーズンから名称を変更したマイナビ仙台レディースは、ノジマステラ神奈川相模原とホームで対戦。ケガ人を多く抱えるノジマステラ相模原は3日に加入が発表されたナイジェリア代表FWサンデイ・ロペスをスタメンで起用。ロペスに当てるサッカーを駆使し、パスワークを軸に攻めるマイナビ仙台に対抗した。

主導権を握るマイナビ仙台は、24分にDF2人を抜いてFW池尻茉由が至近距離からのフィニッシュ。ゴールレスで折り返した後半にもDF高平美憂やDF万屋美穂が際どいシュートを放つも、チーム最年長GK久野吹雪の好守やクロスバーに阻まれてしまう。最後まで攻め合ったものの互いにゴールは生まれず、0-0の引き分けに終わっている。

母体を持たず、WEリーグに向けて一からの立ち上げとなったサンフレッチェ広島レジーナは、アウェイでちふれASエルフェン埼玉に挑んだ。2011年のワールドカップ(W杯)優勝メンバーの近賀ゆかりが先発に名を連ねた広島レジーナは、立ち上がり9分にFW上野真実が先制点を挙げる。さらに1分後には左サイドを突破したFW中嶋淑乃の折り返しをMF増矢理花が合わせ、あっという間に2点のリードを奪う。

後半に入っても試合を優位に進めた広島レジーナは56分にも中嶋が追加点を挙げると、守ってもクリーンシートを達成して3-0の快勝。クラブとして大きな一歩を踏み出した。

アルビレックス新潟レディースとAC長野パルセイロ・レディースの信越ダービーは、序盤から点を取り合う展開となった。長野レディースが9分に地元出身MF瀧澤千聖のゴールで先制すると、14分にはセットプレーから新潟レディースDF北川ひかるが決めてすぐさま試合を振り出しに。だが、長野レディースも1分後にDF三谷沙也加の一発で再び前に出た。

1点リードで後半を迎えた長野レディースは62分には左サイドでのボール回しから逆サイドまで展開すると、途中出場の高校生WEリーガー・FW川船暁海がカットインから左足のクロス。MF鈴木日奈子が触れなかったが、ボールはそのままゴールイン。そのまま逃げ切った長野レディースが、小笠原唯志監督の誕生日に勝利で花を添えた。

開幕戦となったINAC神戸レオネッサvs大宮アルディージャVENTUSは、FW髙瀬愛実の先制ゴールを含む5ゴールでINAC神戸が大勝を収めている。

▽9/12(日)
INAC神戸レオネッサ 5-0 大宮アルディージャVENTUS
日テレ・東京ヴェルディベレーザ 1-2 三菱重工浦和レッズレディース
マイナビ仙台レディース 0-0 ノジマステラ神奈川相模原
ちふれASエルフェン埼玉 0-3 サンフレッチェ広島レジーナ
アルビレックス新潟レディース 1-3 AC長野パルセイロ・レディース

WE ACTION DAY(今節試合なし)
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング