1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

絶対離さない…アスピリクエタの執念が生んだグリーリッシュとの“合体”シーンに反響「完全におんぶ」

超ワールドサッカー / 2021年9月28日 21時45分

写真:Getty Images

25日にスタンフォードブリッジで行われたプレミアリーグ第6節のチェルシーvsマンチェスター・シティ。昨季のリーグ王者と欧州王者、そしてチャンピンズリーグ(CL)決勝の再現カードとして大きな注目を集めた一戦は、シティが1-0で勝利を収めた。

その試合ではチェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタとシティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュが幾度となくやり合う展開に。50分には、アスピリクエタの執念が予想外の瞬間を生むことになった。

タッチライン際でスローインのボールを受けようとしたグリーリッシュに対し、アスピリクエタが背後からチャージ。ここでファウルとなり、アスピリクエタは倒れたグリーリッシュに覆いかぶさる形になった。

いつもならここで2人が離れる場面だが、アスピリクエタは立ち上がってからも相手のすぐ側を離れず。結局、グリーリッシュが立ち上がり、アスピリクエタはそのままおんぶされる格好となった。

結局アスピリクエタにはカードは提示されず、そのまま何事もなかったかのようにプレーは再開していたが、あまりのシュールさに、ファンからは「合体した」「事件だ」「何してんの」「完全におんぶ」と面白がる声が多く寄せられた。

アスピリクエタは、グリーリッシュがアストン・ビラに所属していた昨シーズンのプレミアリーグで、マッチアップした2試合でイエローカードとレッドカードを貰っており、どんな形であれこの試合はやらせないという強い思いがあったのかもしれない。

【画像】グリーリッシュが倒れても…アスピリクエタが徹底マーク!最終的にはおんぶに


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング