1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

なでしこ新監督に池田太氏が就任! U-19女子でアジア連覇、U-20W杯初優勝の実績

超ワールドサッカー / 2021年10月1日 17時0分

写真:Getty Images

日本サッカー協会(JFA)は1日、なでしこジャパンの新監督に、U-19女子代表を率いていた池田太監督(50)が就任することを発表した。通算11人目の監督となる。

なでしこジャパンは、2016年4月に佐々木則夫監督の後任として高倉麻子監督が就任。日本では男女を通じてA代表で初の女性指揮官となった。

2018年4月の女子アジアカップで優勝、2019年のフランス女子ワールドカップではベスト16で敗退、そして今年の東京オリンピックでは、ベスト8での敗退となり、世界を相手に結果を残せないまま、8月限りで退任していた。

池田監督は、武南高校、青山学院大学と進学し、1993年から1996年まで浦和レッズでJリーガーとしてプレー。引退後は、浦和でユースのコーチや監督、トップチームのコーチなどを務めると、2012年から2016年まではアビスパ福岡のコーチを務めていた。

2017年にU-19日本女子代表監督に就任すると、同年のAFC U-19女子選手権で優勝。2018年のU-20女子ワールドカップに出場すると、ここでもチームを初優勝に導く手腕を見せる。なお、この優勝を経験したDF南萌華やDF宝田沙織、DF北村菜々美らは東京オリンピックに出場した。

2019年には再びU-19日本女子代表の監督に就任し、AFC U-19女子選手権を連覇。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年のU-20女子ワールドカップは中止となっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング