1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

イニエスタを偉大な選手にさせた要因は「学習意欲こそが上達を続ける原動力」、特に重要な経験は「モウリーニョのレアル」

超ワールドサッカー / 2021年10月2日 14時30分

写真:Getty Images

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、自身のキャリアや神戸での目標についてイギリス『BBC』のインタビューで語った。

現在37歳のイニエスタ。世界でも指折りのサッカー選手としての地位を確立し、多くの選手から一目置かれる存在であることは周知の事実だ。

バルセロナ時代には4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝や、9度のラ・リーガ制覇など数多くのタイトルを獲得。また、スペイン代表としても2010年の南アフリカ・ワールドカップで優勝した他、2008年、2012年のユーロも連覇するなど、数え切れないほどのタイトルを獲得している。

卓越したテクニックとパスセンスは世界最高峰の1人であるイニエスタが、ロングインタビューで自身のルーツや古巣のバルセロナへの想い、そして現在プレーする神戸への気持ちを語った。

イニエスタはスペインのカスティージャ=ラ・マンチャ州アルバセテ県のフエンテアルビージャで1984年3月に誕生した。1996年7月にバルセロナのカンテラへと入団。そこからバルセロナで技術を磨いたイニエスタは、2002年7月にファーストチームへと昇格を果たす。

イニエスタのバルセロナデビューは2002年10月29日。CLのクラブ・ブルージュ戦だった。デビューさせたのは現在オランダ代表で指揮を執るルイス・ファン・ハール監督。まだ線も細いイニエスタは、プロ1年目でCL3試合、ラ・リーガで6試合に出場し1アシストの成績だった。

レギュラーに定着したのは3年目の2004-05シーズン。フランク・ライカールト監督の下であり、そこからバルセロナでは674試合に出場し57ゴール138アシストを記録した。

「バルセロナは全ての試合が試験のようだった。そして、それに合格しなければいけなかった」

「それが基本であり、環境に適応しなければならない度に、自分に必要なスタイルで自分自身を形成し、常に本質を保った」

「僕には様々な監督がいた。ルイス・ファン・ハールから始まり、グアルディオラ、ルイス・エンリケ、エルネスト・バルベルデがいた。全ての監督が、僕に何かを教えてくれ、全ての監督から何かを学ぶことができた。経験も僕を豊かにした」

「僕に最も影響を与えた監督を決めるのは難しいだろう。それは僕が一緒にプレーし、学んだ選手たちと同じだ。僕はバルサとスペイン代表チームのとても良い時期にいた。世界最高の選手であり、僕は彼ら全員から学んだ」

「自分のすぐそばにあるものだけでなく、対戦相手、対戦相手のシステム、プレースタイルでもある。僕は常に、学習意欲こそが、上達を続ける原動力になっていると考えてきた」

「身近な環境だけでなく、サッカーを取り巻く全てのことから学ぶことができる」

バルセロナでのキャリアでは、スペイン国内だけでなく、CLの舞台で様々なチームと対戦。また2006年5月にデビューし131試合に出場したスペイン代表を含め、多くのチームとの対戦が自身を成長させたと語った。

「僕のキャリアの中でたくさんの試合をプレーできたことは幸運だ。たくさんのチーム、たくさんのサポーターに会うことができる」

「チャンピオンズリーグやラ・リーガのように、または代表チームでプレーする様々な大会でも同じではない。イングランドのチームとイタリアのチームも大きく異なる。マルセロ・ビエルサのチリと対戦した時も際立ったチームだった」

「モウリーニョが監督をしていた時のレアル・マドリーと対戦すること、またカルロ・アンチェロッティも本当に豊かにする経験だった」

「バルサは常に、ボールを欲しがり、ボールをキープしたいチームという特徴がある。グアルディオラの時代、サッカー自体は変わらなかったが、チームが本当に僕たちに注目し、学ぼうとしていた時代だった」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング