1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ラツィオのサッリ監督、古巣チェルシーでくすぶるケパに興味か

超ワールドサッカー / 2021年10月8日 17時45分

写真:Getty Images

ラツィオが、チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(27)に興味を持っているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

現在のラツィオは、昨夏にフリー加入したスペイン人GKホセ・マヌエル・レイナが守護神を務めており、2シーズン前まで正GKだったアルバニア代表のトーマス・ストラコシャから守護神の座を奪っている。

ただ、39歳という看過できない年齢となっており、ラツィオは新たなショットストッパーの獲得を検討している模様。その候補に上がっているのが、指揮官マウリツィオ・サッリ監督の古巣でくすぶるケパだ。

ケパは2018年夏にアスレティック・ビルバオから、GKとしては史上最高額となる7100万ポンドの移籍金で加入。だが、パスミスなどの凡ミスが散見され、度々非難の的となると、昨夏に加入したセネガル代表GKエドゥアール・メンディにポジションを奪われてしまい、現在はセカンドGKに甘んじている。

チェルシー加入初年度のサッリ監督時代には、2019年2月に行われたEFLカップ決勝のマンチェスター・シティ戦で、間もなくPK戦突入という118分に足首を痛めたため、ベンチは交代を準備していたが、ケパがそれを拒否したことでイタリア人指揮官が激怒するという一幕もあった。

その後、両者は勘違いから起こった衝突だったと説明し、関係性に問題はないことを強調したが、敗れたシティ戦の3日後に行われたリーグ戦では、ケパは控えに回されていた。

そんな過去もある中で、サッリ監督はかつての教え子に救いの手を差し伸べるようだ。今季のケパは昨季に引き続いてセカンドGKという立場で、ここまで出場したのは2試合のみ。移籍を検討してもおかしくない状況だが、チェルシーとしてはトーマス・トゥヘル監督が信頼を主張している上、獲得した移籍金が高額なため、安売りはしないと見られている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング