1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

代表帰りの原口が先制弾アシスト!ヴォルフスブルクを下したウニオンがリーグ3連勝《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2021年10月17日 0時31分

写真:Getty Images

ウニオン・ベルリンは16日、ブンデスリーガ第8節でヴォルフスブルクと対戦し2-0で勝利した。ウニオン・ベルリンのMF原口元気は73分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ外となっている。

リーグ戦2連勝中の6位ウニオンが、公式戦6試合ぶりの白星を目指す5位ヴォルフスブルクをホームに迎えた一戦。先日まで日本代表に招集されていた原口は、[3-5-2]のインサイドMFで2試合連続のスタメン出場となった。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ヴォルフスブルクは12分にチャンス。自陣からのカウンターを仕掛けると、右サイドをオーバーラップしたK・ムバブのクロスをファーサイドのルーカス・エンメチャが頭で合わせたが、シュートはゴール手前でクノッヘにブロックされた。

さらにヴォルフスブルクは、25分にもボックス左に侵入したL・エンメチャの折り返しからルケバキオに決定機が訪れたが、このシュートは右ポストに嫌われた。

対するウニオンは、両サイドを経由してアタッキングサードまでボールを運ぶもボックス付近でのアイデアと質を欠き決定機まで持ち込めず、前半はゴールレスで終了した。

迎えた後半は立ち上がりにホームチームがスコアを動かす。49分、クルーゼのパスをボックス右手前に走り込んだ原口が相手DFを引きつけラストパス。これに反応したアウォニーが相手GKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らし、ウニオンが先制した。

リスクを冒して前から圧力をかけるもウニオンの集中した守りに攻めあぐねるヴォルフスブルクは、68分にフィリップを下げてヴェグホルストを投入。すると直後、スルーパスで右サイドを抜け出したバクの折り返しをニアに走り込んだヴェグホルストがヒールシュート。相手GKに弾かれたボールを再びヴェグホルストが詰めたが、これもGKルセの左足ブロックに防がれた。

ピンチを凌いだウニオンは83分、ドリブルで左サイド深くまで侵入したボグルサマーのクロスをゴールエリア右のベッカーがヘディングシュート。これはGKカスティールスが弾くもボールはゴールラインを越えており、ゴールが認められた。

結局、試合はそのまま2-0でウニオンが勝利。ヴォルフスブルクとの上位対決を制したウニオンが3連勝で5位に浮上している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング