1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

バルセロナ、ファティとの契約更新期限をクラシコまでと設定か

超ワールドサッカー / 2021年10月17日 17時10分

写真:Getty Images

バルセロナは、スペイン代表FWアンス・ファティ(18)との契約更新の期限を次のエル・クラシコまでとする方針のようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

先日にスペイン代表MFペドリとの契約延長発表が話題となったバルセロナ。来夏の契約切れを迎える前に新たな5年契約を締結したのだが、その際に契約解除金が10億ユーロ(約1300億円)と前代未聞の天文学的金額に設定された。

同クラブでは、その他選手の契約更新の噂も出ており、ファティはその一人。ペドリ同様、現行契約は2022年夏に満了を迎えるため早急な更新が待たれているが、伝えられるところによると、次のレアル・マドリーとのクラシコまでに決着をつけたい模様。つまり今月の24日だ。

今月上旬にバルセロナのジョアン・ラポルタ会長は両選手を含めた契約延長に関する交渉に関して「上手く進んでいる」と明言しており、その言葉通りペドリの契約延長が決定した。ファティについても大詰めを迎えているようだが、代理人であるジョルジュ・メンデス氏が妨げとなっているとも伝えられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング