1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

バイエルンが前半の5発でレバークーゼンを粉砕、首位攻防戦を完勝で制す《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2021年10月18日 0時19分

写真:Getty Images

ブンデスリーガ第8節、レバークーゼンvsバイエルンが17日に行われ、1-5でバイエルンが圧勝した。

勝ち点16で並ぶ首位バイエルンと2位レバークーゼンによる首位攻防戦。

前節ビーレフェルトに4-0と快勝して3連勝としたレバークーゼンはシックやディアビ、ヴィルツら主力がスタメンとなった。

一方、バイエルンは前節フランクフルトGKトラップのビッグセーブなどにも阻まれ、1-2で逆転負け。今季の公式戦初黒星を喫した中、出場停止のパヴァールを除いて現状のベストメンバーで臨んだ。

共に[4-2-3-1]で臨んだ中、試合は開始3分に動く。FKからボックス右のウパメカノが折り返すと、レヴァンドフスキがヒールでうまく流し込み、バイエルンが先制した。

その後も主導権を握るバイエルンは19分、サネのミドルシュートが右ポストに直撃。そして30分、リードを広げる。サネのヒールパスをボックス左で受けたアルフォンソ・デイビスが中へ切れ込み、持ち出しが大きくなったところをレヴァンドフスキが蹴り込んだ。

さらに4分後、バイエルンに3点目。右CKの流れからジューレがシュートに持ち込むと、ミュラーが足に当ててコースを変え、ネットを揺らした。

止まらないバイエルンは1分後、フリンポンのミスパスを突いてショートカウンターに転じ、ミュラーの左クロスをニャブリがダイレクトで合わせて4-0とした。

容赦のないバイエルンは37分、ニャブリがゴレツカとのパス交換でボックス右に侵入。シュートを蹴り込み、5-0として前半を終えた。

迎えた後半、55分にシックが1点を返したレバークーゼンに対し、バイエルンは64分にレヴァンドフスキとミュラーをお役御免とする。

結局、その後はスコアが動かずバイエルンが前半の5ゴールで圧勝。首位をキープしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング