1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

フォーデン2G1Aのシティが難敵ブライトン撃破で公式戦3連勝!《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年10月24日 3時27分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第9節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsマンチェスター・シティが23日にアメックス・スタジアムで行われ、アウェイのシティが1-4で勝利した。

チェルシーとリバプールを僅差で追う3位のシティは今節、2ポイント差で4位に躍進するブライトンとのアウェイゲームで公式戦3連勝を狙った。

ミッドウィーク開催のチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦を、カンセロとウォーカーの両サイドバック、19歳の新星パーマーのゴールなどで5-1と圧勝したグアルディオラ率いるチームは、その試合から先発2人を変更。デ・ブライネとマフレズをベンチに置き、ギュンドアンとガブリエウ・ジェズスを起用した。

立ち上がりから強度の高い球際の攻防が繰り広げられるが、プレー精度で大きく上回るアウェイチームが時間の経過と共に試合の主導権を掌握。開始7分にカンセロが最初の枠内シュートで相手ゴールに迫ると、11分にはギュンドアンのスルーパスに抜け出したジェズスがボックス右からシュート。GKに触られるも勢いを失わずにゴール方向へボールが向かうが、これはDFダンクにゴールライン上でかき出される。

それでも、立ち上がりからゴールを予感させる攻めを見せるシティは3度目の決定機を先制点に結びつける。13分、波状攻撃からボックス中央でフォーデンが放ったシュートがディフレクトしてゴールに向かう。この浮き球をGKサンチェスがファンブルすると、ベルナルド・シウバがすかさず中央へ折り返したところをギュンドアンが無人のゴールへ押し込んだ。サンチェスはジェズスとの接触によるファンブルを主張も、フレンド主審は正当な競り合いだと判断しゴールを支持した。

難敵相手に幸先よく先制に成功したシティは、以降も激しいプレッシャーで相手の自由を奪い、マイボール時は逆に相手のプレスをうまくいなして完璧にゲームをコントロールしていく。

そして、幾度も鋭いカウンターアタックを繰り出していく中、28分には自陣低い位置でのボール奪取から高速カウンターを発動。ベルナルド・シウバの中央突破から左サイドでパスを受けたグリーリッシュがボックス手前で右足アウトにかけた絶妙なラストパスを供給。これに飛び込んだフォーデンが左足のスライディングシュートを流し込んだ。

さらに、畳みかけるアウェイチームは直後の31分、ダンクの不用意な縦パスを引っかけたベルナルド・シウバを起点に再びカウンターを発動。ボックス左でフリーのグリーリッシュが放ったシュートはGKの好守に阻まれるが、こぼれ球に反応したジェズスのシュートをゴール前のフォーデンがワンタッチでコースを変えた結果、GKの手を弾いたボールが左隅に決まった。

その後、ブライトンの反撃を危なげなく凌ぎつつ、フォーデンやカンセロが4点目に迫るなど、きっちり試合をコントロールしたシティが余裕を持って試合を折り返した。

後半も入りは押し込む形を作り出したシティだが、ハーフタイムの修正とホームゲームで士気を落とさないブライトンの粘りに遭い、時間の経過と共に押し返されていく。

グロスやトロサールに際どいシュートを放たれ、相手の両サイドバックに高い位置を取られる場面が目立つ。ただ、要所を締める守備と相手の決定力に救われ、無失点を維持する。

その後、ギュンドアンとグリーリッシュを下げてフェルナンジーニョ、デ・ブライネの投入で試合をクローズにかかるが、80分にはボックス内で仕掛けたエムウェプをGKエデルソンが遅れて倒してしまい、PKを献上。これをキッカーのマク・アリステルに決められて1点を返される。

これでホームチームに俄然勢いが出るも、粘りの守備で2失点目は与えないシティ。試合終了間際にはデ・ブライネのお膳立てからフォーデンにハットトリックのチャンスが訪れるが、ここはGKサンチェスの好守に阻まれる。

それでも、後半ラストプレーとなった95分に相手の守備のミスを突きフォーデンのお膳立てからマフレズが4点目を奪ったシティは、難敵ブライトンを退けて公式戦3連勝を飾った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング