1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

バイエルン、ベンフィカの新星FWに関心か?

超ワールドサッカー / 2021年10月28日 7時30分

写真:Getty Images

バイエルンがベンフィカに所属するU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・ラモス(20)の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

現在、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の将来的な後釜候補を探すバイエルン。

『ビルト』によると、バイエルンは先日に敵地リスボンで行われたチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦で、ゴンサロ・ラモスの獲得に向け、最初のアプローチをスタートしたという。

同地でバイエルンのクラブ幹部は同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏と接触し、具体的な話し合いはしていないものの、獲得に関心があることを伝えた模様だ。

2013年からベンフィカの下部組織でプレーするゴンサロ・ラモスは、10代前半からアカデミーの各年代でゴールを量産してきた生粋のゴールスコアラー。

U-19ポルトガル代表として参戦した2019年のU-19欧州選手権で大会得点王に輝きヨーロッパ中のスカウトの目を引きつけると、昨シーズンのUEFAユースリーグでは9試合8ゴールの活躍をみせ、アタランタのU-19イタリア代表FWロベルト・ピッコリと共に大会得点王に輝いた。

そして、昨年7月に行われたプリメイラ・リーガ第33節のアヴェス戦でベンフィカでのトップチームデビューを飾ると、試合終盤の途中出場ながら2ゴールを挙げる衝撃的なデビューを飾った。

今シーズンは完全にトップチームに定着し、公式戦13試合に出場しているが、ここまでは無得点となっている。

185cmの痩身も体幹の強さ、ジャンプ力、スピードとアスリート能力が高く攻撃的MFでもプレー可能なテクニックも併せ持つ万能型のストライカーは、両足、ヘディングとフィニッシュワークも多彩で、とりわけシュートレンジの広さ、精度に定評がある。

よりピッチ中央でのプレーを得意としているが、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを彷彿とさせるプレースタイル。完全に身体ができあがってくれば、同胞アタッカーの頂点に立つFWクリスティアーノ・ロナウドのようなストライカーへの成長も期待される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング