1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

2年ぶりのホーム開催となるオーストラリア代表が発表! Jからはミッチェル・デュークが招集《カタールW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2021年11月5日 11時5分

写真:Getty Images

オーストラリアサッカー協会(FFA)は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨むオーストラリア代表メンバー24名を発表した。

日本代表と同じグループBに入ったオーストラリア代表。かつてベガルタ仙台でも指揮したグラハム・アーノルド監督は、20名を海外から招集。国内組は4名となった。

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響で、2年ぶりに国内で国際試合を行うこととなるオーストラリア。これまでの予選では中立地をホームとして戦ってきたが、ついに自国のサポーターの前で戦えることとなった。

今回のメンバーには、GKマシュー・ライアン(レアル・ソシエダ)やDFミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ)、DFトレント・セインズベリー(コルトレイク)、DFハリー・サウター(ストーク・シティ)らを招集した。

一方で、MFアーロン・ムーイ(上海海港/中国)や古橋亨梧の同僚でもあるMFトーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)らは選外となった。

また、Jリーグ勢では、セレッソ大阪のFWアダム・タガートは負傷で招集外となったが、ファジアーノ岡山のFWミッチェル・デュークは招集。また、長谷部誠や鎌田大地と同僚のMFアジディン・フルスティッチ(フランクフルト)は招集を受けている。

国内組4名にはMFマシュー・レッキー(メルボルン・シティ)、DFライアン・グラント(シドニーFC)、FWジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)、そして浦和レッズでかつてプレーしたFWアンドリュー・ナバウト(メルボルン・シティ)が復帰している。

オーストラリアは、11日に2年ぶりのホームゲームでサウジアラビアとの首位攻防戦。16日にUAEで中国代表と対戦する。

今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。

◆オーストラリア代表メンバー24名
GK
マシュー・ライアン(レアル・ソシエダ/スペイン)
ダニエル・ヴコビッチ(NEC/オランダ)
ローレンス・トーマス(ソナーリュースケ/デンマーク)

DF
アジズ・ベヒッチ(ギレスンポル/トルコ)
ミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ/セルビア)
カラム・エルダー(ハル・シティ/イングランド)
ライアン・グラント(シドニーFC)
フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア)
トレント・セインズベリー(コルトレイク/ベルギー)
ハリー・サウター(ストーク・シティ/イングランド)

MF
ケネス・ドゥーガル(ブラックプール/イングランド)
デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス)
アジディン・フルスティッチ(フランクフルト/ドイツ)
ジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ/ドイツ)
ジェームズ・ジェッゴ(アリス・テッサロニキ/ギリシャ)
マシュー・レッキー(メルボルン・シティ)
ライリー・マッグリー(バーミンガム/イングランド)
ニキータ・ルカヴィツヤ(ハポエル・ペエルシェバ/イスラエル)
ジャンニ・ステンスネス(バイキングFK/ノルウェー)

FW
マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド)
ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本)
アワー・メイビル(ミッティラン/デンマーク)
ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)
アンドリュー・ナバウト(メルボルン・シティ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください