1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

PSG女子で前代未聞の事件…同僚への襲撃事件関与でアミナタ・ディアロが逮捕

超ワールドサッカー / 2021年11月10日 23時8分

写真:Getty Images

パリ・サンジェルマン(PSG)のレディースチームであるPSGフェミナンで前代未聞の事件が起こったようだ。

フランス『レキップ』は10日、同クラブに在籍するフランス女子代表MFアミナタ・ディアロ(26)がチームメイトの襲撃事件に関与した疑いで逮捕されたことを報じた。

今回の事件の被害者はディアロの同僚であるフランス女子代表MFキーラ・アムラウィ(31)。

『レキップ』によると、今月4日にアムラウィは2人のチームメイトを伴ってクラブイベントに参加。その後、ディアロの運転する車で自宅近くで停車中の車内に留まっていた際、覆面姿の2人の人物に突然車外に引きずり出され、数分間に渡って金属製の棒で足に複数回の打撃を受けていたという。

その後、緊急搬送されたアムラウィは足と手の複数箇所に打撲や裂傷を負い、何針も縫うケガを負った。

この襲撃事件を受け、地元警察が捜査を開始したところ、犯人が金銭などを要求せず、アムラウィの足だけを執拗に狙い続けたこと。さらに、以降の捜査過程の中でディアロが、アムラウィとの何らかのトラブルから今回の事件に関与した可能性を考慮し、10日朝にヴェルサイユ司法警察は自宅にいたディアロを逮捕した。

なお、PSGは今回の事件を受けて以下のような公式声明を発表している。
「4日の夜に発生した当クラブのプレーヤーに対する襲撃事件の手続きの一環として、アミナタ・ディアロが10日午前、ヴェルサイユ地方警察に身柄を拘束されたことを確認しました。パリ・サンジェルマンは、今回の暴力行為を最も強い言葉で非難します」

なお、今回の事件に関与されたとされるディアロは、2016年にギャンガンからPSGに加入。今年1月にはアトレティコ・マドリー・フェメニーノへのレンタルも経験していた。

一方、被害者のアムラウィは2012年から2016年までPSGでプレーし、リヨン、バルセロナを経て今夏に古巣PSGへ復帰を果たしていた。9日の女子チャンピオンズリーグのレアル・マドリー・フェミニーノ戦は自身にとってPSGでの通算100試合目のメモリアルゲームになるはずだったが、前述のケガの影響で欠場を余儀なくされていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください