1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「11月11日11時11分はわがまま」ドイツW杯でもゴール、長崎の元日本代表FW玉田圭司が今季限りで現役引退

超ワールドサッカー / 2021年11月11日 11時58分

写真:©︎J.LEAGUE

V・ファーレン長崎は11日、元日本代表FW玉田圭司(41)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

玉田は千葉県出身で、習志野高校から1999年に柏レイソルへと入団した。

高卒1年目でデビューを果たした玉田はリーグ戦5試合に出場。2年目、3年目と出場機会にあまり恵まれなかったが、4年目の2002年には、2ndステージから就任したマルコ・アウレリオ監督に見出され、13試合に出場し、初ゴールを含む3得点を記録した。

5年目の2003年にはエースとしての信頼を受け、28試合に出場し11得点を記録。2004年も10得点を記録した。

2006年には名古屋グランパスへと移籍すると、名古屋でもコンスタントに試合出場。2015年にセレッソ大阪へ移籍すると、2017年に名古屋へ復帰。2019年から長崎でプレーしていた。

ここまでJ1通算366試合99得点、J2通算162試合34得点、リーグカップ通算31試合5得点、天皇杯で通算31試合7得点を記録していた。

また、2004年から2010年までは日本代表にも選出。2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)のメンバーに選ばれると、グループステージ第3戦のブラジル代表戦では、先制点となるゴールを記録。2010年の南アフリカW杯にもメンバー入りし、2試合に出場していた。代表通算72試合16得点。

現在もつける背番号11にあやかり、2021年11月11日、11時11分に引退を発表した玉田はクラブを通じてコメントしている。

「突然ですが、私玉田圭司は、2021シーズンをもって現役を引退することを決めました。まずは、今日11月11日11時11分に発表したいという僕のわがままを聞いてくださったクラブにとても感謝しています」

「3年間でしたが、長崎のサポーターの皆さんの温かさを感じることができました。本当にありがとうございました」

「そして、これまでお世話になった柏レイソル、名古屋グランパス、セレッソ大阪、日本代表の関係者、ファン・サポーターの方にも感謝の想いを伝えたいです」

「今シーズンもあと1ヶ月をきり、4試合を残すのみとなりましたが、笑ってシーズンが終われるよう毎日を楽しく過ごしたいと思っています。ありがとうございました」

なお28日のホーム最終戦となるファジアーノ岡山戦で引退セレモニー実施。12月には引退会見を行うという。チームは現在3位で逆転での昇格の可能性もまだ残している状況だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください