1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

豪州が中国相手に痛恨ドロー…デューク弾で先制も逃げ切れず《カタールW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2021年11月17日 2時0分

写真:Getty Images

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第6節、中国代表vsオーストラリア代表が16日に行われ、1-1のドローに終わった。

直近2戦未勝利で2位に位置するオーストラリア(勝ち点10)が、5位の中国(勝ち点4)と対峙したUAE開催の一戦。

3試合ぶりの勝利で2位死守を目指すオーストラリアは0-0のドローに終わったサウジアラビア代表戦から先発2人を変更。サウターとメイビルに代えてデゲネクと、ファジアーノ岡山に所属するミッチェル・デュークを起用した。

開始直後にアランに決定機を許したオーストラリアだが、守護神ライアンの好守で凌ぐと、ここからボールの主導権を握って押し込む展開に持ち込む。だが、中央を固めながら強度が高い守備を見せるホームチームを前になかなか崩しの形を見いだせない。

それでも、相手の狙いとするカウンターを凌ぎつつ焦れずに攻め続けるアウェイチームは38分、相手陣内右サイドで得たスローインの流れからフルスティッチの縦パスに抜け出したボイルが正確なクロスを供給。これをゴール前で競り勝ったデュークが打点の高いヘディングで合わせ、待望の先制点を奪った。

これで余裕が出てきたオーストラリアは43分にフルスティッチの見事な左足アウトを使ったラストパスに抜け出したレッキーがゴール左でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはGKにうまく間合いを潰されて決め切れない。さらに、前半アディショナルタイムにも波状攻撃からベヒッチにシュートチャンスも、右足のシュートはわずかに枠の左へ外れた。

結局、1点リードで試合を折り返したオーストラリアは後半も危なげなく試合を進めていく。だが、前半同様になかなか決定機を作れず、最少得点差の状況が続くと、思わぬ形から同点に追いつかれる。

70分、中国のFKの場面でボックス内で相手と競ったジェッゴが広げた腕にボールが接触。オンフィールドレビューの結果、このプレーがハンドと判定されて中国にPKが与えられる。これをウー・レイにきっちり決められた。

失点直後にアロイージオに際どいミドルシュートを打たれるなど、一転して難しい状況を強いられたオーストラリアは、デュークやレッキー、フルスティッチら前線の選手を下げてメイビルやマクラーレン、マクグリーといった選手を投入。異なるアプローチで勝ち越しゴールを目指す。

だが、後半に入って消耗が激しいアウェイチームは試合終盤に入ってなかなかパワーを出せず、2失点目を防ぐので精いっぱいの苦しい状況のままタイムアップを迎えることになった。

この結果、中国相手に勝ち切れずに2戦連続ドローとなったオーストラリアは、勝ち点1差の日本代表の結果次第で3位転落の可能性が出てきた。

中国代表 1-1 オーストラリア代表
【中国】
ウー・レイ(70分[PK])
【オーストラリア】
ミッチェル・デューク(38分)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください