1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

元日本代表も「イケメンに見える」岡崎慎司がフェイスガード着用で“バットマン”姿に

超ワールドサッカー / 2021年11月19日 15時12分

写真:Getty Images

顔面を負傷したセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のカルタヘナに所属する元日本代表FW岡崎慎司だが、元気な姿を見せ、頼もしいコメントを残した。

岡崎は7日に行われた第15節マラガ戦で相手選手と接触し、途中交代。左目の下が腫れた状態となっており、上顎洞(鼻の横のあたりの骨)の骨折との報道がなされたいた。

自身がインスタグラムで公開した写真でも、左目が青く腫れた痛々しい姿があらわに。ただ、本人は「僕は元気です」と、焦りはしたが大事はないとの報告をしていた。

18日には改めてインスタグラムを更新。顔を保護するフェイスガードを着用し、右手で握りこぶしを作った写真を投稿した。表情にも力強さが感じられ、「I will be back soon, Gracias」と頼もしい言葉も残している。

この一枚には現役選手たちからも反応が。Y.S.C.C.横浜フットサルに所属する元日本代表MF松井大輔は「カッコイイやん。毎回マスク必要やな」とコメント。岡崎と同世代で、現在ははやぶさイレブンに所属する元日本代表MF水野晃樹は「イケメンに見える」と残すなど、イジりながらも無事を安堵する声が寄せられた。

ファンからも「バットマン」、「かっこいい‼️強そう」など、ビジュアルは好評な様子だ。今季はここまで11試合1得点という成績の岡崎。ケガに留意しつつも、早期復帰とさらなる活躍が期待される。

【写真】バットマン・岡崎


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください