1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

無残ユナイテッド、ワトフォードに4失点惨敗…ファン・デ・ベーク弾で一時追い上げもマグワイア退場で連敗…《プレミアリーグ

超ワールドサッカー / 2021年11月21日 2時12分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第12節、ワトフォードvsマンチェスター・ユナイテッドが20日にヴィカレージ・ロードで行われ、ホームのワトフォードが4-1で快勝した。
 
インターナショナルマッチウィーク前に行われたマンチェスター・シティとのダービーを0-2のスコア以上の内容で完敗した5位のユナイテッド(勝ち点17)。再びノルウェー人指揮官の去就が騒がしくなりつつある中、代表戦明け初戦となる今節は降格圏一歩手前の17位に位置するワトフォード(勝ち点10)と対戦した。
 
週明けにチャンピオンズリーグ(CL)のビジャレアル戦を控える中、スールシャール監督は敗れたダービーから先発3人を変更。新型コロナウイルス陽性判定でベンチ外のグリーンウッドに加え、バイリーとフレッジがベンチスタートとなり、マティッチ、サンチョ、ラッシュフォードを起用。[3-5-2]から[4-2-3-1]の布陣に変更した。
 
互いにやや慎重な入りを見せた中、ホームチームが立ち上がりに意外な形でゴールチャンスを迎える。スローインの流れからブルーノ・フェルナンデスのキックミスが自陣ゴール前に流れると、これに反応したキングがマクトミネイに後方から倒されてPKを獲得。
 
ここでキッカーのサールのシュートはGKデ・ヘアにセーブされるが、こぼれ球をキコが冷静に蹴り込む。これでホームチームの先制かに思われたが、VARのレビューの結果、キコがPKを蹴る前にボックス内に侵入したとの判定でPKが蹴り直しに。ここでサールが再び同じ右のコースに蹴るが、デ・ヘアに再びセーブされて痛恨の失敗となった。
 
一方、守護神の連続PKストップによって難を逃れたユナイテッドはすぐさま反撃を開始。カウンターを起点にボックス内に侵入したラッシュフォードやクリスティアーノ・ロナウドがフィニッシュの場面に顔を出す。
 
一連の攻撃からユナイテッドがペースを握るかに思われたが、代表戦明け初戦特有の重さが目立つチームは球際の勝負、切り替え、相手のダイレクト志向の強い攻撃に手を焼くと、徐々に押し込まれて守勢に回る。
 
すると、28分には右のハーフスペースでキコが早いタイミングで入れたクロスをボックス左で収めたデニスが折り返す。これをゴール前のキングがワンタッチで合わせると、GKデ・ヘアの股間を抜けたボールがゴールネットを揺らした。
 
守護神のPKストップをフイにする形で結局先制を許したユナイテッドは、直後の32分にこの試合最初の決定機。B・フェルナンデスからの絶妙なフィードに反応したラッシュフォードがボックス右に走り込んで右足のダイレクトボレーを枠に飛ばすが、これはGKフォスターのビッグセーブに阻まれた。
 
ここから数分間はユナイテッドの時間帯も、これを危なげなく凌いだワトフォードが前半終盤にかけて攻勢を強めていく。セカンドボールの拾い合い、切り替えの精度で上回り、再三フィニッシュまで持ち込むと、前半終了間際に貴重な2点目を奪い切る。
 
44分、相手陣内右サイドでキコとクレバリーのコンビで崩しを見せると、キコからのマイナスのパスを受けたボックス右のサールが精度の高い右足のグラウンダーシュートをゴール左下隅に突き刺し、ゴール後にはホームサポーターに対して2度のPK失敗を詫びるジェスチャーも見せた。
 
ワトフォードのシュート11本に対して、わずかシュート2本と妥当な内容で2点のビハインドを背負い試合を折り返したユナイテッド。この厳しい状況を受け、スールシャール監督はマクトミネイとラッシュフォードを下げてマルシャルとファン・デ・ベークを同時投入し、中盤の構成をマティッチのアンカー、ファン・デ・ベーク、B・フェルナンデスのインサイドハーフという形に変更した。
 
すると50分、中央のB・フェルナンデスの仕掛けから右サイドでパスを受けたサンチョが正確なクロスを上げると、ファーで競り勝ったC・ロナウドが頭で折り返したボールをゴール前に飛び込んだファン・デ・ベークがダイビングヘッドで合わせ、反撃の狼煙を上げる今季初ゴールとした。
 
このゴールで一気に流れを掴んだユナイテッドは57分にファン・デ・ベークのラストパスに抜け出したC・ロナウドがGKと一対一になる絶好機を迎えるが、ここはシュートのコースが甘くGKフォスターの好守に遭う。
 
エースの決定機逸によってやや勢いを失うユナイテッドは69分、最後尾でボールを持ったマグワイアがプレスに来たクレバリーをかわしに行った際にボールを奪われて思わず倒してしまうと、このファウルに2枚目のイエローカードが出て痛恨の退場となった。
 
主将の軽率な退場を受け、マティッチをセンターバック、ファン・デ・ベーク、B・フェルナンデスの2枚でセントラルMFを構成する形となったユナイテッドは、数的不利を背負いながらもB・フェルナンデスやC・ロナウドの個の力を生かして幾度か決定機まで持ち込むが、同点ゴールには至らない。
 
その後、シュートブロックの際に脳震とうの再発が懸念されたショーに代えてダロトをスクランブル投入するなど、アクシデントにも見舞われたアウェイチーム。92分にはマルシャルのボールロストをキッカケに途中出場のジョアン・ペドロにトドメの3点目を奪われると、試合終了間際の96分には相手GKからのロングボールを撥ね返せずにボックス内に侵入されたデニスに4点目まで奪われて万事休す。
 
マグワイアの退場がターニングポイントとなったものの、90分間全体を考えれば、大敗に相応しい低調なパフォーマンスに終始したユナイテッドは痛恨のリーグ連敗でスールシャール監督解任の可能性が再び高まる結果に。そして、週明けにはビジャレアル、チェルシーとの重要なビッグマッチ連戦に臨む。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください