1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

カンドレーバが2点に絡んだサンプドリアが連敗脱出! 吉田はケガの影響で今季初のリーグ戦欠場《セリエA》

超ワールドサッカー / 2021年11月22日 1時10分

写真:Getty Images

吉田麻也の所属するサンプドリアは21日、セリエA第13節でサレルニターナと対戦し2-0で勝利した。吉田はケガのため欠場している。

3連敗中の18位サンプドリア(勝ち点9)が、19位サレルニターナ(勝ち点7)のホームに乗り込んだ一戦。先日まで日本代表に招集されていた吉田は、左ヒザのケガの影響でベンチ外となっている。

低迷するチーム同士の一戦は、立ち上がりから一進一退の展開が続いたが、サンプドリアは36分にカンドレーバの右クロスを中央のトールスビーがボレーシュート。さらに相手GKの弾いたボールをカプートがヘディングで合わせたが、このシュートもGKベレツのセーブに阻まれた。

決定機を逃したサンプドリアだったが40分、左CKのチャンスでショートコーナーを選択し、ヴェッレの落としを再び受けたカンドレーバのクロスを供給すると、これがディ・タッキオのオウンゴールを誘発した。

待望の先制点を奪ったサンプドリアは、43分にも相手CKのこぼれ球からロングカウンターを発動。自陣バイタルエリアからドリブルで持ち上がったクアリアレッラのラストパスを受けたカンドレーバがボックス右からゴール左隅にシュートを突き刺した。

2点リードで後半を迎えたサンプドリアは、立ち上がりの54分にピンチ。リベリの左CKからファーサイドのラニエリにハーフボレーシュートを打たれたが、これはGKアウデーロが右手一本でファインセーブ。

ピンチを凌いだサンプドリアは60分、中盤でのパスカットからショートカウンターを仕掛けるとヴェッレのラストパスをボックス右で受けたカプートがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定で取り消された。

その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、結局最後までスコアは動かず。カンドレーバ弾などでサレルニターナを下したサンプドリアが連敗を3でストップした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください