1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

EL勝利で首位浮上のレスター、ロジャーズ監督も歓喜 「自分たちのサッカーを取り戻せた」

超ワールドサッカー / 2021年11月26日 12時1分

写真:Getty Images

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

レスターは25日に行われたヨーロッパリーグ(EL) グループC第5節でレギア・ワルシャワと対戦した。プレミアリーグ3試合未勝利に終わるなど、不調に陥るチームだったが、この日は前半にFWパトソン・ダカとMFジェームズ・マディソンのゴールで2点を先取。その後に1点を返されたものの、すぐさまMFウィルフレッド・エンディディのゴールで突き放すと、後半は相手の攻撃を抑え、3-1のスコアで勝利した。

この結果、レスターはナポリをかわしてグループ首位に浮上。最終節に勝利すれば、決勝トーナメント進出が確定する状況となっている。

試合後のインタビューに応じたロジャーズ監督はチームにとって公式戦5試合ぶりの勝利となったことに歓喜。試合でのパフォーマンスについても、満足感を示した。

「我々は自分たちのサッカーを取り戻せた。それがここ数日を経ての重要なメッセージだったね。我々のサッカーとはピッチの高い位置からのプレッシングと攻撃的なカウンタープレッシングだ。そうすることで、我々のゲームのすべてがより速くなる」

「チームのポジショニングは素晴らしく、良いゴールを決めることもできた。相手のPKについては少し厳しく残念に思うが、全体的には良い集中力を発揮できたね。試合に勝てたことは良い気分だ」

また、ロジャーズ監督は選手を称えつつ、チームに声援を送ったホームスタジアムのファンにも感謝を表明。勝利を手にできたのは、ファンの力があってこそだと語っている。

「この数日間、選手は回復の必要があったにもかかわらず、本当によく働いたと思う。彼らは大いなる称賛に値するだろう。今夜は自分たちらしいプレーができた。それはここでの最後の試合(0-3で敗れたチェルシー戦)の後で見たかったものだ」

「観客の皆にも感謝している。これこそがこのスタジアムの特徴だね。観客がチームを支え、チームがそれに応えることで、あのようなパフォーマンスができるのだ。ファンもまた、大きな称賛に値するよ。グループ内には質の高いチームが揃っているから、我々にはまだやるべきことがたくさんある」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください