1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

京都が12年ぶりのJ1昇格決定! 一方、松本&愛媛はJ3降格確定【明治安田J2第41節】

超ワールドサッカー / 2021年11月28日 17時0分

写真:©︎J.LEAGUE

明治安田生命J2リーグ第41節の全11試合が28日に各地で行われた。

引き分け以上でJ1自動昇格圏内の2位以内が決まる京都サンガF.C.は8位のジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。16分に京都がヨルディ・バイスの負傷というアクシデントに見舞われたものの、攻めの主導権を握る。ゴールレスで迎えた後半は千葉も反撃に転じたが、結局、0-0で終了。勝ち点を「83」に伸ばした京都は最終節を残した3位のヴァンフォーレ甲府と4ポイント差となり、2位を確定させ、2010年以来12年ぶりとなるJ1昇格を決めた。

一方、9ポイント差に9クラブがひしめく熾烈な残留争いもいよいよクライマックス。残り2節の段階でいまだ降格チームが1つも決まっていない状況だったが、18位のSC相模原と引き分けた最下位の松本山雅FC(勝ち点33)、11位の水戸ホーリーホックに1-2で敗れた21位の愛媛FC(同34)は20位以下が決まり、最終節を前にJ3降格が決定した。

20位のギラヴァンツ北九州(勝ち点35)は15位の栃木SC(同42)に1-2で敗れ、19位以下が確定。一方の栃木は残留が決定した。14位のレノファ山口FC(同42)は3位のヴァンフォーレ甲府に0-1で敗れたが、他会場の結果を受けて、栃木とともに残留争いから生還している。

そのほか、17位の大宮アルディージャ(勝ち点38)は5位のFC町田ゼルビアと引き分け、19位のツエーゲン金沢(同37)は7位のモンテディオ山形に2-1で勝利。16位のザスパクサツ群馬(勝ち点40)は首位のジュビロ磐田と0-0で引き分けた。この結果、北九州、相模原、大宮、金沢、群馬の5チームは残留を目指して、最終節に臨むこととなった。

なお、J3リーグの第29節を消化した時点で首位に立つテゲバジャーロ宮崎はJ2ライセンス不所持のため、このまま2位以内に終われば、J2リーグの降格圏は1枠減ることに。そのため、J2リーグで19位に終わってもJ3リーグの最終結果次第で降格を免れる可能性がある。

◆第41節
▽11/28(日)
ブラウブリッツ秋田 1- 4 東京ヴェルディ
SC相模原 1-1 松本山雅FC
FC琉球 1-1 アルビレックス新潟
水戸ホーリーホック 2-1 愛媛FC
ザスパクサツ群馬 0-0 ジュビロ磐田
ジェフユナイテッド千葉 0-0 京都サンガF.C.
FC町田ゼルビア 0-0 大宮アルディージャ
ツエーゲン金沢 2-1 モンテディオ山形
レノファ山口 0- 1 ヴァンフォーレ甲府
ギラヴァンツ北九州 1- 2 栃木SC
V・ファーレン長崎 0- 1 ファジアーノ岡山

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください