1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

鎌田&長谷部フル出場のフランクフルト、ラストプレー弾で原口先発のウニオン撃破《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2021年11月29日 1時36分

写真:Getty Images

ブンデスリーガ第13節、フランクフルトvsウニオン・ベルリンが28日に行われ、2-1でフランクフルトが勝利した。

フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口は58分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りしなかった。

前節、3位と好調なフライブルクとのアウェイ戦をシャットアウトで制し、リーグ戦3勝目を挙げた11位フランクフルト(勝ち点15)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのアントワープ戦を2-2の引き分けに持ち込み、決勝トーナメント進出を決めた。この試合でゴールを決めた鎌田、そして長谷部が引き続き先発となった。

一方、前節ヘルタ・ベルリンとのダービーを制した5位ウニオン(勝ち点20)は原口が引き続きスタメンとなった。

開始7分にボレがネットを揺らしたもののわずかにオフサイドに阻まれたフランクフルト。直後、長谷部のミスからアウォニーに決定的なシュートを許したが、フランクフルトがポゼッションする展開で推移する。

そのフランクフルトは22分に押し切る。ショートコーナーの流れからソウがコントロールシュートを流し込んだ。

さらに25分、コスティッチの左クロスから鎌田のヘディングシュートがバーに直撃したフランクフルトは、続く29分にもCKからヤキッチが決定的なダイビングヘッドを放った。

攻め込み続けるフランクフルトは41分、コスティッチの左クロスからボレが合わせる決定機を演出するも、1-0で前半を終えた。

迎えた後半もフランクフルトが押し込む中、58分に原口がピッチを後に。すると60分、ウニオンがPKを獲得する。アウォニーがボックス内でエンディカに倒された。このPKをクルーゼが決めてウニオンが追いついた。

同点後もフランクフルトがコスティッチを起点に攻め込み続ける中、70分にはパシエンシアのボレーシュートが枠を捉えるも、GKルセのセーブに阻まれた。

そして5分の追加タイムがあった中、ラストプレーでフランクフルトが勝ち越す。コスティッチの左クロスからエンディカがヘッドでねじ込んだ。このままタイムアップを迎え、フランクフルトがELに続き、追加タイム弾でのゴールで勝利を手にしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください