1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

磐田主砲ルキアンが22ゴールでJ2得点王! 京都FWピーター・ウタカを1得点差に抑えてトップスコアラーに

超ワールドサッカー / 2021年12月5日 15時59分

写真:©︎J.LEAGUE

明治安田生命J2リーグの今季日程が5日の最終節をもって終了。ジュビロ磐田のFWルキアンがJ2得点王争いを制した。

出場停止の第36節こそ欠場したルキアンだが、それ以外の全試合に出場して、J2優勝でJ1昇格を決めたチームの主砲として稼働。第3節で初ゴールをマークすると、第5節から9節にかけて5戦連発の6得点した。第28節から第33節にかけても6戦連発の7ゴールを記録。計22ゴールを挙げ、初のJ2得点王に輝いた。

また、2位は優勝の磐田に次ぐ2位で12年ぶりのJ1昇格を果たした京都サンガF.C.で、今季も得点源として抜群の存在感を発揮したFWピーター・ウタカ。昨年に続く得点王が期待された37歳のフィニッシャーだが、昨季の10ゴールから大幅に得点数を伸ばしたルキアンにわずか1得点及ばずの21得点に終わった。

そのほか、3位は17ゴールをマークした東京ヴェルディのMF小池純輝。V・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオが15得点でその小池に続き、最終節で4ゴールと大暴れしたモンテディオ山形のFWヴィニシウス・アラウージョ、ジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が14得点で5位タイにランクインした。

◆J2得点ランキング
【22】
ルキアン(ジュビロ磐田)

【21】
ピーター・ウタカ(京都サンガF.C.)

【17】
小池純輝(東京ヴェルディ)

【15】
エジガル・ジュニオ(V・ファーレン長崎)

【14】
ヴィニシウス・アラウージョ(モンテディオ山形)
見木友哉(ジェフユナイテッド千葉)

【13】
佐藤凌我(東京ヴェルディ)
谷口海斗(アルビレックス新潟)
上門知樹(ファジアーノ岡山)

【12】
中山仁斗(水戸ホーリーホック)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください