1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

【CLグループ最終節プレビュー①】ミラン、アトレティコ、ポルト三つ巴の2位争いの行方は?

超ワールドサッカー / 2021年12月7日 18時0分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節が12月7日と8日に開催される。ここではグループステージ最終節1日目となるグループA~Dの戦いを展望を紹介していく。

◆ライプツィヒとブルージュの3位争い~グループA~

Getty Images

グループAでは前節の上位対決の結果、マンチェスター・シティ(勝ち点12)の首位通過及び、パリ・サンジェルマン(勝ち点8)の2位通過が確定した。そして、この最終節では勝ち点4で並ぶRBライプツィヒと、クラブ・ブルージュがヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を懸けた3位争いに挑む。

ライプツィヒは前節、ホームでの初戦で1-2の敗戦を喫したブルージュとのアウェイゲームをMFエンクンク、MFフォルスベリの2ゴールずつの活躍などで5-0の圧勝。今グループステージ初勝利を挙げると共に、当該成績で優位に立ち3位で最終節を迎えることに。そして、ホームで戦う最終節ではすでに首位通過を決めたシティと対戦する。

対戦相手のシティは週末に曲者ウォルバーハンプトンとのリーグ戦を控えており、今回のアウェイゲームで控えや若手主体のスカッドで戦う可能性が高い。そのため、3-6で大敗した前回対戦のような試合展開になる可能性は低いはずだ。ただ、ブンデスリーガで3連敗中のチームは成績不振を理由に、今季から就任したマーシュ監督を解任。今回の一戦はアシスタントコーチのバイアーロルツァー氏を暫定指揮官に据えて戦うことになる。指揮官解任に揺れるチームは格上シティを撃破し、自力で3位フィニッシュを決められるか…。

一方、1勝1分けの好スタートから一転、直近の3連敗で決勝トーナメント進出を逃したブルージュは、前回対戦で1-1のドローに持ち込んだPSGを相手に逆転での3位フィニッシュを目指す。対戦相手のPSGは国内リーグ首位を独走しているものの、直近2試合連続ドローと勝ち切れない試合が続いており、週末に控える難敵モナコとの一戦に向けて主力温存の可能性が高い。そのため、前回対戦のように粘り強く戦えれば、勝ち点を持ち帰ることは十分に可能なはずだ。

【グループA】
▽12/7(火)
《26:45》
パリ・サンジェルマン vs クラブ・ブルージュ
RBライプツィヒ vs マンチェスター・シティ

◆残り1枠を巡る三つ巴の争い~グループB~
Getty Images

激戦区グループBでは5連勝のリバプール(勝ち点15)が早々に首位通過を決めた中、ポルト(勝ち点5)とミラン(勝ち点4)、アトレティコ・マドリー(勝ち点4)が残り1枠を懸けて運命の最終節に臨む。

前節、救世主メシアスの劇的CL初ゴールによってアトレティコを破り今グループステージ初勝利を手にしたミラン。グループ全体の得失点差でアトレティコを上回り3位に浮上。自力突破の可能性はないものの、リバプールをホームで迎え撃つ今節での勝利且つ、ポルトとアトレティコが引き分けか、アトレティコ勝利も得失点差で上回られなければ、逆転突破を決められる。

リバプールはすでに首位通過が決定していた前節はホームゲームということもあり、一部主力を起用していたが、アウェイ開催の今節では週末に控えるスティーブン・ジェラード率いるアストン・ビラとのリーグ戦を睨み、控えと若手中心のスカッドで臨む可能性が高い。なお、直近のウォルバーハンプトン戦で公式戦9戦ぶりに出場機会なしに終わったリバプールのFW南野拓実はポルト戦に続きスタメン起用が有力視されており、今季CL初ゴールが期待されるところだ。

一方、ミランは直近のサレルニターナ戦で前半早い時間帯に2点を奪って試合を決めたこともあり、FWイブラヒモビッチに完全休養を与えたほか、一部主力を早い時間帯にベンチに下げており、DFケアーや負傷離脱者を除き盤石の状態でこのホームゲームに臨めるはずだ。

リバプールのミラン撃破を期待しつつ運命の直接対決に臨むポルトとアトレティコ。前節終了時点で自力突破の可能性を有するポルトは勝利で文句なく突破が決まり、引き分けでもミランが引き分け以下に終わった場合突破できるため、状況次第では同時刻開催のミラン戦の状況を確認しつつの戦いとなる。CLの舞台では直近2戦未勝利も、国内リーグでは8連勝中と好調を維持しており、持ち味の堅守速攻を武器に2位通過を狙う。

対するアトレティコは前節のホームゲームで土壇場に失点を喫し、勝利はおろかドローにも持ち込めず。当該戦績で完全に並んだミランにグループ全体の得失点差で「1」上回られて最下位に転落。最終節での逆転突破にはポルト相手の勝利が必須となり、さらにミランが勝利した場合には大量得点を奪って得失点差や総得点で上回る必要がある。ただ、直近のリーグ戦ではホームで格下マジョルカに後半終盤の連続失点で痛恨の逆転負けを喫しており、チーム状態は芳しくない。直近4試合ゴールから遠ざかるエースFWルイス・スアレスらの奮起が求められるところだ

【グループB】
▽12/7(火)
《29:00》
ミラン vs リバプール
ポルト vs アトレティコ・マドリー

◆順位確定済…アヤックスは全勝突破狙う~グループC~
Getty Images

開幕前には混戦が予想されたグループCだが、前節でアヤックス(勝ち点15)の首位通過、スポルティング・リスボン(勝ち点9)の2位通過、ドルトムント(勝ち点6)の3位敗退とすべての順位が確定した。

そのため、この最終節は完全に消化試合となり、注目ポイントはアヤックスの全勝突破、5戦全敗で最下位のベシクタシュ(勝ち点0)が初勝利を挙げられるかという2点ぐらいか。

アヤックスはスポルティングとの前回対戦で、今大会ここまでバイエルンFWレヴァンドフスキと並び得点ランキングトップ(9ゴール)に立つFWアラーが4ゴールを挙げる活躍をみせ、5-1の圧勝を飾っており、今回のホームゲームでの勝ち点3奪取の可能性は高そうだ。

【グループC】
▽12/7(火)
《29:00》
アヤックス vs スポルティング
ベシクタシュ vs ドルトムント

◆首位通過を懸けた強豪対決~グループD~
Getty Images

モルドバ勢としてグループステージ初出場となったシェリフ(勝ち点6)の健闘が光ったグループDだが、前節でレアル・マドリー(勝ち点12)とインテル(勝ち点10)の決勝トーナメント進出が決定。また、シェリフの3位とシャフタール(勝ち点1)の最下位も確定している。

そして、今回の最終節ではマドリーとインテルが首位通過を懸けて激突する。

公式戦8連勝と絶好調のマドリーは直近のラ・リーガではアスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダというバスク勢相手に2試合連続クリーンシートでの勝利と抜群の安定感を誇る。ただ、そのソシエダ戦でハムストリングに軽傷を負ったエースFWベンゼマが欠場となるため、絶好調のFWヴィニシウスに加え、代役を担うFWヨビッチやFWアザールのパフォーマンスが重要となる。また、週末にアトレティコとのマドリード・ダービーを控えていることもあり、アンチェロッティ監督は一部のポジションでターンオーバーを行う可能性もありそうだ。

一方、10シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めたインテルだが、昨シーズンのグループステージからマドリー相手に3連敗を喫しており、今回の首位攻防戦ではリベンジを果たしたいところ。5連勝を含む公式戦11戦無敗と好調を維持するチームは、直近のリーグ戦でローマを相手に3-0の完勝を収めた上、前半の3ゴールで早々に試合を決めたことで、主力を早い時間帯にベンチへ下げている。また、週末のリーグ戦の対戦相手は下位に低迷するカリアリが相手となるため、マドリー撃破に向けて全力を注ぎたいところだ。

【グループD】
▽12/7(火)
《29:00》
レアル・マドリー vs インテル
シャフタール vs シェリフ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください