1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ノリッジ戦で負傷交代のレギロンは軽傷 「数日後には戻ってくるよ」

超ワールドサッカー / 2021年12月6日 7時30分

写真:Getty Images

ノリッジ戦で負傷交代したトッテナムのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンだが、大事には至らなかった模様だ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

トッテナムは5日、ホームで行われたプレミアリーグ第15節のノリッジ戦で3-0の快勝を収めた。開幕以来の3連勝を飾ったチームは、暫定ながら5位に浮上している。

しかし、同試合では試合前の段階から左ハムストリングの違和感を訴えて、テーピングをガチガチに巻いて強行出場していたレギロンが前半20分過ぎにプレー続行不可能となり、22分にMFライアン・セセニョンとの交代でピッチを後にしていた。

負傷箇所を考えれば、数週間単位の離脱の可能性も指摘されるところだが、レギロンは試合後に自身の公式『ツイッター』を通じて今回のケガが軽傷であることを冗談交じりに明かした。

「数日後には戻ってくるよ。だから、僕を(オンラインサッカーゲームの)ファンタジープレミアリーグで売らないでね…」

また、チームを率いるアントニオ・コンテ監督も試合後の公式会見の場で、同選手のケガが重いものではないことを同様に認めている。

「セルヒオ(・レギロン)のケガに少しがっかりしたが、彼と話をした。それが酷いものではないと思っているよ」

また、イタリア人指揮官は先日のヨーロッパ・カンファレンスリーグのムラ戦で前半に2枚のイエローカードをもらい退場となって以来の起用となったセセニョンについても言及。レギロンに代わってのスクランブル起用ながら攻守にアグレッシブなプレーを見せた点を評価している。

「レギロンの交代は残念だったが、試合開始20分過ぎに入ったセセニョンが良い試合をしたことを確認する機会を与えてくれた」

「彼がもっとうまくやれると確信している。大きな力を持ったプレーヤーでクオリティを備えており、フィジカル的にも強い。ただ、彼にはもっと自信を持つ必要がある」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください