1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

スパーズの逸材FWマーカンデイがブラックバーンへ完全移籍 「スパーズはいつでも僕の心の特別な場所に…」

超ワールドサッカー / 2022年1月19日 23時13分

写真:Getty Images

トッテナムは18日、イングランド人FWディラン・マーカンデイ(20)のブラックバーン・ローヴァーズへの完全移籍を発表した。マーカンデイはチャンピオンシップ(イングランド2部)のクラブと1年の延長オプション付きの2025年6月30日までの契約にサインしている。

インドにルーツを持つマーカンデイは、トッテナムのアカデミーで育ったスピードとテクニック、得点感覚に優れるアタッカー。2021年10月に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグのフィテッセ戦でトップチームデビューを飾っていた。

リザーブリーグにあたるプレミアリーグ2では14試合12ゴール5アシストと印象的な活躍を見せていたが、トップカテゴリーでの定期的な出場機会を求める若武者はブラックバーンへの完全移籍を選択した。

なお、マーカンデイはトッテナム退団に際して、自身の公式『インスタグラム』で別れのメッセージを綴っている。

「さよならを言う時が来ました。スパーズに関わるすべての人が僕のためにしてくれたことに感謝したいと思います」

「9年前に加入した瞬間から、あなた方は僕を歓迎し、まるで家にいるように感じさせてくれました。そして、大好きな試合をプレーする機会を与えてくれました。そのことを永遠に感謝します」

「素晴らしいファンの皆さんのサポートにも心から感謝します。ここでは本当に素晴らしい経験をすることができ、スパーズはいつでも僕の心の中で特別な場所を占めます」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください