1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ユナイテッドがラッシュフォードのラストプレー弾でハマーズとの接戦を劇的に制す!《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2022年1月23日 2時4分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第23節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが22日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。

エランガのプレミア初ゴールを含む生え抜きFW3選手の活躍によってブレントフォードを破り、リーグ3戦ぶりの白星を手にした7位のユナイテッド(勝ち点35)。トップ4を争うライバルとのシックスポインターに向けては前節から先発1人を変更。自宅が強盗の被害に遭い精神面のダメージを考慮されたリンデロフがベンチ外となり、マグワイアが起用された。

一方、4位のウェストハム(勝ち点37)はリーズとの打ち合いに敗れ、リーグ連勝が「3」でストップ。辛うじてトップ4をキープしているものの、ライバルが未消化試合で勝ち点を積んだ場合、一気にヨーロッパ圏外に転落する微妙な立ち位置にある。そのライバルの一角との重要な一戦では、先発3人を変更。コンディションの問題で守護神ファビアンスキがベンチ外となりアレオラが代役に、一方で負傷明けのズマとソウチェクがディオプ、ヴラシッチに代わって復帰した。

立ち上がりから上位対決らしい緊迫感のある攻防が続き、共にカウンターの形から相手ゴールへ迫る場面を作り合う。以降はボールを握って遅攻からチャンスを窺うホームチーム、堅守速攻で応戦するアウェイチームという構図に落ち着いて試合が進んでいく。

中盤での睨み合いが続く中、ユナイテッドは両サイドバックのクロスやカウンターを起点に幾度か惜しい場面を作り出すが、35分過ぎのクリスティアーノ・ロナウドのボックス内での相手DFとの交錯がノーファウルで流されるなど、最後のところでウェストハムの堅守をこじ開けられない。

一方、ウェストハムは要所で中盤でのパスカットから得意のカウンターを仕掛けていくが、ボーエンやアントニオ、ランシーニらの仕掛けがことごとくユナイテッドの好守に阻まれ、こちらはわずかシュート1本で前半を終えることになった。

守備の良さが際立ち、互いに枠内シュート0で折り返した試合は、後半に入ってよりオープンな展開となる。まずは49分、後方からの飛び出しでボックス左に抜け出したフレッジが左足の強烈なシュートを放つ。だが、この試合最初の枠内シュートはGKアレオラのビッグセーブに阻まれた。

以降は互いに相手のボックス内への侵入を増やし、ウェストハムはボーエン、ユナイテッドはヴァランといずれもセットプレーから際どい場面を作り出した。

0-0の均衡が保たれる中、先に動いたのはユナイテッド。62分、エランガを下げてラッシュフォードを投入。途中からグリーンウッドとサイドを入れ替えるなど、攻め手を変えて堅守攻略を図るが、フレッジの決定機以降、なかなか惜しい場面を作れない。

後半半ばを過ぎて試合が完全に膠着し始めると、ラングニック監督は80分過ぎに勝負に出る。フレッジとグリーンウッドを下げてカバーニ、去就問題で注目集めるマルシャルを投入。より攻撃的な[4-4-2]の布陣に変更した。

その後、互いに際どいシーンを作り合いながらも試合は3分が加えられた後半アディショナルタイムに突入。このままゴールレス決着濃厚と見られた中、最後の最後にオールド・トラッフォード劇場が開演。

93分、テレスのロングフィードをDFフレデリックスが頭で触ったボールが左のハーフスペースのC・ロナウドに渡る。ここでマルシャルを経由したボールがボックス左のカバーニに繋がり、ウルグアイ代表FWからの冷静な折り返しをファーに飛び込んだラッシュフォードがワンタッチで流し込んだ。

カバーニの抜け出しがオフサイドぎりぎりということもあり、VARのチェックが入ったものの、最終的にユナイテッドのゴールが支持された。そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、ウェストハムとの接戦をラッシュフォードの2試合連続ゴールで勝ち切ったユナイテッドが2連勝で暫定4位に浮上した。u

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください