1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

キャプテンは遠藤航! 森保監督「ポジションや年齢を考慮して」

超ワールドサッカー / 2022年1月26日 17時23分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

日本代表の森保一監督が26日、中国代表戦に向けたオンライン会見に臨んだ。

ここまでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を6試合戦い、4勝2敗で2位につける日本代表。11月の活動ではベトナム代表とオマーン代表相手にアウェイながら連勝を収め、一時危うしと言われていた予選突破に光明が見え始めた。

今回は中国代表戦とサウジアラビア代表戦のホーム2連戦。勝利必須の2試合だが、チームはキャプテンのDF吉田麻也とDF冨安健洋をケガで欠く事態に見舞われている。

森保監督も2人の貢献度は非常に高いと認めながらも、代わりに招集した選手に向けて、自信を持って試合に臨んで欲しいとエールを送っている。

「これまでの代表活動の中で吉田麻也と冨安健洋の貢献度は非常に高いです。そういった意味では、2人が参加できなかったことは残念なことではありますが、一番痛い思いをしているのは本人たちだと思いますので、充実したプレーができるようにケガの回復を祈りたいと思います」

「代わりとなる選手たちにやってもらいたいことは、“代わりに入ってくる選手”ではなく、この状況の中で選ばれたというのは、普段から所属チームで存在感を発揮し、力のあることを見せてくれているので、この代表に参加していることを自信をもって欲しいと思います」

「そして、誰かが欠けたから戦力が落ちた、とかではなくて、日本にはたくさん良い選手がいます。明日の中国戦に向けてプレーできる選手、そしてチーム一丸となって戦い、日本の総合力で勝利したいと思っています」

また、吉田離脱を受けて、キャプテンはMF遠藤航を任命したことを明かした森保監督。その理由を説明している。

「今回は遠藤航にキャプテンを任せることになりました。昨日のミーティングの時にチームに伝えました」

「彼はチームの中心として、ポジション的にも攻守の繋ぎ役で真ん中でプレーしているということもあってキャプテンを任せました。経験のある選手たちはたくさんいますので、キャプテン候補として考えた選手たちは他にもいますが、ベテラン過ぎず、若手ともコミュニケーションが取りやすいという意味で遠藤にお願いしました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください