1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「非常に胸が痛いですが…」Jリーグ野々村芳和チェアマン、八百長計画で失格の鈴鹿にコメント「絶対にあり得ない」

超ワールドサッカー / 2022年6月28日 19時10分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

Jリーグは28日、鈴鹿ポイントゲッターズに関して、「百年構想クラブ」の資格を失格にすることを決定した。

鈴鹿は、八百長を企てた他、元執行役員からの金銭要求(5000万円)を受けるなど問題を抱えており、今年2月の理事会にて懲罰の対象となりうる行為の発覚、ならびにクラブのガバナンス体制に不備があると判断しうる複数の事情が認められるなど、Jリーグ百年構想クラブ規程第7条第1項第1号に定める「Jリーグの目的に反する行為」が認められたことから、J リーグ百年構想クラブの資格について解除条件付きの資格停止となっていた。

解除条件として、クラブがガバナンス体制を改善する意思があり、2022 年 6 月の J3ライセンス申請期限までに入会を認め得る状況に改善する可能性があることを前提に、「ガバナンス体制の改善」ならびに「ステークホルダーからの支援継続」が実効的に機能し実践されているとJリーグ理事会において判断されることが必要であったが、条件を満たすことができずに失格処分となった。

これにより2023シーズンのJリーグ入会の可能性は消滅。また、11月末までに再申請することは可能で、認められれば2024シーズンからJ3に入会することは可能となるが、1からの申請になるためにハードルは非常に高くなることとなる。

今回の件を受け、Jリーグの野々村芳和チェアマンがコメント。クラブとしてのあり方を今一度考えてもらいたいと語った。

「鈴鹿ポイントゲッターズに対しては、資格停止ということになりました。新たな株主がまだわかっていない中で資格を付与するということは明らかに難しい状況だということを理事会でも確認しました」

「そもそも端を発した案件というところでは八百長を企てたということですが、Jリーグとしては絶対にあり得ないということです」

「その後、よりしっかりとガバナンス体制がどうなるかをしっかりとウォッチしていくということで、リミットが今日の理事会、クラブライセンスの審査が6月30日が締め切りということ。いくつかのクラブも審査を受けているので、そこがあったということです」

「選手の夢、選手の家族ということを考えると非常に胸が痛いですが、選手の夢、家族を守るのもクラブであるということはしっかりとリーグとしても考えなければいけないと思っています」

「一方で、クラブも新しい体制に変わって、新体制の皆さんが現場からクラブを生まれ変えさせようという動きは、この数カ月尽力してくれたと思っています」

「先ほど理事会が終わった後に、新体制のみなさんの中で知っている人には電話で伝えさせていただきましたが、三浦泰年さんも責任を持って11月にチャンスがあるならガバナンス体制を見直していきたいと言っていました」

「選手のケアということもお話しさせていただきましたが、クラブとして生まれ変わって次のチャンスに向かっていけるように、アドバイスをしていくというスタンスで取り組んでいきたいと思っています」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください