眞子さまは自責の念も…小室圭さんがバッシングされるほどに「彼に申し訳ない」

wezzy / 2019年5月11日 19時5分

写真

 秋篠宮眞子さまとの結婚が延期となっている小室圭さん。現在はニューヨークの大学に留学中だが、アメリカでもマスコミは小室さんの周辺を嗅ぎまわっている。先日は『バイキング』(フジテレビ系)がニューヨークで徹底取材を敢行し、小室さんの目撃情報などを調査した。

 過去には、小室さんの母親の借金問題、父親の自殺、小室家の年表・家系図、自宅の場所なども公開されており、そのプライバシーは世間に暴露され続けている。そんな彼の状況を、眞子さまはどのように感じているのだろうか。

 そもそもお二人の交際期間は約5年と長く、時間をかけて愛を育まれてきたことは確かだろう。眞子さまと小室さんは国際基督教大学(ICU)の同級生で、初めて会話をしたのは2012年、ICUが交換留学生のために教室で行った説明会の場であったという。それがきっかけで親しくなり、交際に発展。お互いに「次に交際する人とは結婚する」という意志があったため、結婚を前提とした交際だったようだ。

 2017年9月3日に開かれた眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見で、小室さんは眞子さまのことを「月のように静かに見守ってくださる存在」とたとえ、愛情深く確たる信念を持っているところに強く惹かれたと語り、綺麗な月を見ると嬉しくなり眞子さまに連絡をしてしまうとも明かしていた。この発言自体、「皇族を月にたとえるのはどうか」と批判の向きがあったが、眞子さまが小室さんの「太陽のような明るい笑顔」に惹かれたとお話になったことを受けての「月」だったのだろう。



 交際中、眞子さまはイギリス、小室さんはアメリカに1年間留学するが、その間も連絡をとることを欠かさなかったという。現在も小室さんはニューヨーク、眞子さまは日本におられるが、遠距離であってもそのことを理由に心の距離までは離れないのかもしれない。

 しかし最近は小室さんだけでなく、小室さんとの結婚を諦めていないと報じられている眞子さまや、眞子さまを説得できない秋篠宮ご夫妻に対しても世間の否定的な声は強まっている。

 一時期は、眞子さまは小室さんの“嘘”に傷つき不信感を抱いているとの報道も多かった。また小室さんがアメリカへ三年間の留学に旅立つにあたり、眞子さまがショックを受けているとも言われた。しかし現在においては、どれほど小室さん周辺の怪しげな報道があろうとも、眞子さまは恋人を信じ結婚のご意向を曲げないと見られている。

 眞子さまは友人の結婚式に出席した際、小室さんについて「私のせいで、あんなに世間に晒されて」「彼に申し訳ない」と話していたという(「週刊女性」2018年9月25日号/主婦と生活社)。眞子さまは何もかもがスキャンダル扱いされてしまう小室さんに対して自責の念すら覚えていらっしゃるのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング